• GOSSIP

V・ベッカム、ショーのモデルが「骸骨だらけ」と炎上

2015年9月17日 7:00

ヴィクトリア・ベッカムのブランドのファッションショーが、「骸骨のようなモデルばかり使っていた」として大バッシングを受けている。

自身のブランドのファッションショーがやせ過ぎのモデルを起用しているとして炎上中のヴィクトリア・ベッカム | 写真:SPLASH/アフロ

ヴィクトリアは、ニューヨーク・ファッション・ウィークで2016年春夏コレクションを発表したばかりだが、使っていたモデルがみな極端にスリムな体をしていたため「あまりに細いモデルは使わない」というファッション界の暗黙の了解を無視していると非難されているのだ。

英紙ガーディアンによれば、ヴィクトリア自身、2010年には「とてもやせている女の子はモデルに使う気はない」と宣言していたのに、今回のショーはスーパースリムなモデルたちのオンパレードで、女性団体や摂食障害をなくすためのチャリティー、そしてジャーナリストなどから怒りの声が上がっている。

「彼女のショーで歩いていたようなモデルの写真をクローゼットの前に貼り、それを目標にしてやせようとする摂食障害患者たちがいます。そういう写真が摂食障害の原因にはなりませんが、それは症状をエスカレートさせ、どんどん悪化させます」と摂食障害患者の支援チャリティー、B-Eatの代表がガーディアン紙に話している。

また、ショーの写真を見た一般の人々からも「モデルの子たちが細すぎる。洋服が格好良く見えるかもしれないけど、普通の女の子たちだって服を着る」「ヴィクトリア・ベッカムは一般の女性のために服作りをしていると言うけど、モデルはガリガリのティーンばかりだし、値段も高価」といったツイートが寄せられている。

英紙デイリー・メールのピアース・モーガンは、「第一に、モデルたちは細すぎる。第二に、彼女たちは陰気きわまりない顔をしている。それはヴィクトリアの外見そのものだ」と書いている。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ