• GOSSIP

スピルバーグ監督がヒーロー映画の終焉を予言!

2015年9月7日 15:18

スティーブン・スピルバーグ監督が、ハリウッドの主流となっているスーパーヒーロー映画の終焉を予言した。同監督によれば、アメコミ原作のヒーロー映画は、西部劇と同じ運命を辿り、やがては人々に飽きられ、廃れてしまうジャンルになるという。

スーパーヒーロー映画の終焉を予言したスティーブン・スピルバーグ監督
スーパーヒーロー映画の終焉を予言したスティーブン・スピルバーグ監督写真:SPLASH/アフロ

「今はスーパーヒーロー映画はまだ人気があるし、大流行しているが、他のジャンルに抜かれて廃れる日がやってくる。僕は西部劇が死に絶えた時代を知っているからね。スーパーヒーロー映画にも同じことが起きる日がやって来る。西部劇が大リバイバルを果たす日が来ないとは限らないし、スーパーヒーロー映画が復活することもあるだろうけどね。僕が言っているのは、大衆文化の中では、こうしたサイクルの長さは一定だということだ」と同監督は語ったと英紙ガーディアンが伝えている。

2016年も『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』など7本のスーパーヒーロー映画が全米公開されることが決まっているが、スピルバーグ監督は、こうも同じジャンルの映画が続けて公開されれば、やがて観客たちは食傷気味になり、何か違うタイプの映画が見たくなるだろうと指摘している。

「神話的なストーリーが、何か新しいジャンルによって取って代わられる日が必ずやってくる。そのジャンルは、たぶん今、若い監督が僕たちのために発見しようとしてくれているだろう」と同監督は結んでいる。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース