• GOSSIP

ジゼル・ブンチェン、真夏のセーターは豊胸隠し?

2015年9月3日 19:11

世界一のスーパーモデルと言われ、今年4月にモデル業を引退することを表明したジゼル・ブンチェン(35)。7月に、パリで極秘に美容整形と豊胸施術を行っていたと報じられたが、貧乳画像をポスティングして疑惑を否定。しかし、真夏のニューヨークでウールのセーターを着て外出している姿を目撃されたことで、またもや豊胸疑惑が深まっている。

豊胸疑惑が再び深まっているジゼル・ブンチェン
豊胸疑惑が再び深まっているジゼル・ブンチェン写真:SPLASH/アフロ

8月30日、スキニージーンズに長袖のグレーのセーターの腕をまくり上げ、シャネルの茶のサングラスにフラットサンダル、ゴールドのブレスレットとネックレス、黒いショルダーバッグと極めてシンプルないでたちのジゼルが、パープルのバラの花束を抱えてマンハッタンを闊歩する様子がパパラッチされた。

ジゼルのファッションは一見普通に見えるのだが、この日のニューヨークは30度を超える真夏日で湿度も高かったため、ウールのセーターはどう考えても季節にそぐわないファッションだ。

「アイリフティングをしたと言われていますが、大きなサングラスで隠しています。豊胸施術も否定していますので、露出度の高い洋服はあえて避けているのでしょう。セーターの上からでも今までよりも胸が大きくなっていることは明らかですが、露出するよりは、矯正ブラなど言い訳ができますからね」とデイリー・メール紙が、豊胸施術前の5月に撮影された貧乳ジゼルの写真と、胸元がぐっとアップしセーターの上からでも大きな胸が確信できる今回の写真を並べて掲載している。

夫のトム・ブレイディとの不仲説も浮上
夫のトム・ブレイディとの不仲説も浮上写真:SPLASH/アフロ

ジゼルは「7月15日にパリで、35歳の誕生日とスーパーモデル引退のご褒美として目と豊胸施術を受けた」と報じられ、ブルカを被ったジゼルと妹のラファエラとされる人物が、ホテルから車に乗り込む姿がニューヨークポスト紙に掲載されていた。また最近では、アメリカンフットボールの選手でMVPスターである夫のトム・ブレイディとの不仲説も浮上している。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース