• INTERVIEW

安田顕、エロス満載の現場は「毎日ステーキな感じ」

2015年9月3日 09:37

『映画 みんな!エスパーだよ!』の安田顕を直撃
『映画 みんな!エスパーだよ!』の安田顕を直撃

『龍三と七人の子分たち』、『新宿スワン』、『ビリギャル』と、立て続けに嫌~な役柄に扮し、異彩を放ってきた安田顕。最新作は、園子温監督、染谷将太主演の深夜ドラマを映画化した『映画 みんな!エスパーだよ!』(9月4日公開)で、超能力の研究者である大学教授・浅見隆広役を続投する。安田にインタビューし、エロス満載である本作の撮影エピソードについて話を聞いた。

演劇ユニットTEAM NACSの一員として舞台を精力的にこなしながら、映画やドラマで、スパイスを投じる個性派俳優として、引っ張りだこの安田。「自分がやりたいと言って、こういう役ができるわけではないので、呼んでいただければ、どんな作品でもやらせていただきたいです」。

園監督には、絶大な信頼感をよせる。「園監督の熱さはすごい。かけるところはじっくりかけるけど、早い時はすごくスピーディーに撮る。引っ張っていくエネルギーが強いので、スタッフや役者も引かれていき、全体的に士気が上がっていく。テストから回すのですが、対応するスタッフさんも素晴らしい」。

『映画 みんな!エスパーだよ!』の原作は若杉公徳の人気コミック。愛知県東三河を舞台に、突如、超能力に目覚めた平凡な高校生・鴨川嘉郎(染谷将太)と、彼を取り巻くエスパーたちとの戦いと友情をコミカルに描く。

染谷将太については「相変わらず、すごかった」と感心する。「何でしょうね、あの瞬発力は。役柄はぬぼーっとしているのに、締めるところは締める。熱量や勢い、あの“人間力”は誰にも真似できない」。

深夜ドラマの作風を受け継いだ映画は、露出度大のセクシー女優たちがフェロモンを振りまき、お色気シーンが炸裂している。「最初、現場に行った時は『どこを見れば良いんだろう?』という戸惑いもありましたが、3日で慣れました。毎日ステーキやウニ丼を食べている感じ(笑)。たまにはもっとあっさりしたものでいいんだけどなあという感じでしたが、どんどん慣れてきて、非日常の現場が日常になっていきました」。

超能力を真剣に探求している浅見教授は、なんとも滑稽な役どころだが、安田は「引いちゃダメです」とキッパリ言う。「役作りとしては、浅見教授の言っていることを信じるところから始まります。まあ、面白いのは、若干、詐欺のニオイを感じるところです。ちょっとうさんくさいけど、とにかく信じ込む、それだけです」。

浅見教授は、助手役の神楽坂恵との共演シーンが多い。園監督のパートナーでもある神楽坂だが、ドラマでは安田が彼女の豊満な胸をまさぐるシーンもあった。愚問ではあるが「園監督の前で、奥様の胸にタッチすることに抵抗はないですか?」と斬りこむと、安田は「そんなことないです、と言う方が失礼ですよね。すごく光栄です」と笑う。「お2人はご夫婦ですし、絆もある。でも、園監督にとっては、一女優さんでもあるんです。もちろんお仕事ですし、映像作品の現場ですから、そういう感情はヌキにして臨まれているわけなので。神楽坂さんは素敵な方ですよ。まあ、映画で胸はもんでないんですけどね」。

本作の世界観について安田は「決してHじゃないし、スケベでもない。エロスなんです」と言いながら、園子温の感性を称える。「裸に近いおねえちゃんたちがいっぱいいるのかもしれないけど、それが10年経った時、エロスを感じると同時に、1つの画としても鑑賞できる気がします。扇情的というか、感情を揺さぶられるものが、現場にはあふれていました。園監督はすごい表現者の方だと思います」。

深夜ドラマから、役者陣の輝きも、エロスも、人間ドラマも、すべてがパワーアップしている『映画 みんな!エスパーだよ!』。さすがは園子温、なるべくして映画化された青春お色気映画だが、着地点が愛にあふれていて驚く!そのしてやったりの展開に、きっと多くの映画ファンがうなるに違いない。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース