• INTERVIEW

真野恵里菜と池田エライザが語る、下ネタ全開の現場

2015年9月2日 15:34

『映画 みんな!エスパーだよ!』の真野恵里菜と池田エライザ
『映画 みんな!エスパーだよ!』の真野恵里菜と池田エライザ

園子温監督、染谷将太主演の深夜ドラマの映画化作品『映画 みんな!エスパーだよ!』(9月4日公開)で共演した、真野恵里菜と池田エライザを直撃。着実に女優街道を闊歩している真野と、新たなヒロインの座をオーディションで勝ち取った池田。園監督の下、エロス全開の現場に、2人はどう臨んだのか?単独インタビューで、撮影秘話を聞いた。

若杉公徳の人気コミックの舞台を、愛知県東三河に移した『映画 みんな!エスパーだよ!』。主人公は、突如、超能力に目覚めた平凡な高校生・鴨川嘉郎(染谷将太)だが、その能力はなぜかエロいことにしか機能しない。そんななか、悪のエスパーたちによる“世界エロ化計画”が幕を開ける!

久しぶりに『みんな!エスパーだよ!』チームに入った真野。「今回新しく入られたみなさんも、ドラマ版をちゃんと見てくれていたんだろうなという雰囲気がありました。すでに世界観が固まっていたので、園さんからは事前説明もなく、そのままインしました」。

夏帆からバトンを受け、ヒロイン美由紀役に抜擢された池田は「プレッシャーしかなかったです」と告白する。「でも、そのプレッシャーが良い緊張感にもつながりました。変に自分を固めてしまうプレッシャーは、監督や真野ちゃん、他のキャストさんがほどいてくださったので、みなさんに助けられながらやっていきました」。

主演の染谷将太について2人は「不思議な人です」と口を揃える。真野は「染谷くんが嘉郎になれば、現場も『エスパー』の世界になるのが、本当に不思議です」と言う。池田は「現場が本当に好きなんだなと。作り手の人たち、照明さんやカメラマンさんともすごくお話をされるんです」と感心する。

真野は「今回、劇場版にはいろんな女性がいて、みなさんきれいでかわいくて魅力的なんですが、映画を観ると、結果、嘉郎がいちばんかわいいと思えるんです。ルックスというか、内面的なかわいさは、嘉郎がいちばんですね」と染谷を称える。池田も「わかる!常に一生懸命なところが最高です」と、染谷をプッシュする。

本作では、街中がエロスに包まれるという際どいシーンも展開されるが、真野が「現場は普通です。真面目なんです」とあっさり言うと、池田も「最初は、『はい、パンツなめでいきます』と監督が言ったりすると、え?と思ったりしたけど、だんだん聞き慣れていきます」と語る。

完成披露舞台挨拶では「パンチラ頑張りました」と宣言していた真野。「そんなローアングルでいく?みたいな感じもありました(笑)。でも、恥ずかしいと思ったら負けです」。池田も「客観的に見ちゃダメ、われに返ったらダメです。でも、やっていくうちに、むしろ、抜け出せなくなってしまう」と笑う。

真野は『みんな!エスパーだよ!』でかなりメンタル面が鍛えられたと言う。「学生の頃は、シモネタとかを言って喜んだり、少年誌のグラビアを見て盛り上がったりしている男子に、拒否反応を示していました。でも、この2年間でそれが許せるようになったというか。男の子はこれが健全で、そうやって言葉に出したりしている方が普通なんだなとわかってきて。男心を知れたとまではいかないですが、許せるようになりました」。

『映画 みんな!エスパーだよ!』はエロス押しの作品ではあるが、いまをときめく若手スターたち競演の青春映画としても実に見応えがある。そして、映画ならではの怒涛のようなクライマックスを迎えた後は、予想もしなかった感動の結末へと導かれる。これぞ、園子温監督の真骨頂だ!【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース