• INTERVIEW

真野恵里菜と池田エライザが語る、園子温の巧みな演出

2015年9月2日 09:50

『映画 みんな!エスパーだよ!』の真野恵里菜と池田エライザ
『映画 みんな!エスパーだよ!』の真野恵里菜と池田エライザ

園子温監督、染谷将太主演の深夜ドラマを映画化した『映画 みんな!エスパーだよ!』(9月4日公開)でマドンナ役を務めた真野恵里菜と、夏帆からヒロイン平野美由紀役のバトンを受け取った新星・池田エライザ。スクリーンで若さみなぎるパワーを見せつけた2人にインタビューし、園組のエピソードを聞いた。

『映画 みんな!エスパーだよ!』の原作は、若杉公徳の人気コミック。舞台を愛知県東三河に移し、突如、超能力に目覚めた平凡な高校生・鴨川嘉郎(染谷将太)と、彼を取り巻くエスパーたちとの戦いと友情をコミカルに描く。

ドラマから続投の真野は、まさかの映画化に驚いたそうだ。「深夜ドラマだからといって、やりすぎてはいけないだろうとか、いろんな意見が飛び交っていました。でも、ギャラクシー賞をいただき、スピンオフドラマもできて、映画まで行けちゃった!素直にうれしかったです」。

池田は、オーディションで平野美由紀役を勝ち取った。「ルックスが良くて、演技のできる方たちに囲まれていたので、まさか、こんな素人の自分が最後まで残れるなんて思ってもいませんでした。ビビリですが、最初の段階から、失礼に当たるんじゃないかというくらいバカ正直に挑んだ結果、ありのままの自分を受け入れてもらえて、すごくありがたかったです」。

鼻っ柱が強いヤンキー娘・美由紀役をパワフルに演じた池田について、真野は「エラちゃんのファーストカットを見ていたんですが、『美由紀だ!』と、鳥肌が立ちました」と太鼓判を押す。「それに、私は連ドラの時、あのエスパー軍団にあまりなじめなかった けど、エラちゃんは誰とでもコミュニケーションが取れるので、エラちゃんが入ってきてくれたおかげで、今回他のみなさんともしゃべれた気がします」。

池田は「全然そんなことないです。私は初日、緊張しすぎて、ガチガチだったけど、真野ちゃんが声をかけてくださり、いままでのチームと私との架け橋になってくれました。私が助けられた気分です」と恐縮する。

新人女優を徹底的に叩き上げることで定評がある園監督。池田は、美由紀が悶々とした思いを爆発させるシーンの撮影が印象に残っていると言う。「私がその気持ちを上手く出せなかった時、監督がカメラの横へ来てくださり『お前ならまだできるだろう』と、指導してくださったんです。そしたら、内側からわーっと、びっくりするくらいに涙が出て。怒られたというよりは、監督が大きな壁を引っ張り上げてくださった感じでした」。

真野は『新宿スワン』や『リアル鬼ごっこ』にも出演した園組の常連女優だが、園監督の助言には、何度も心を突き動かされたと言う。「私も以前に泣くシーンで泣けなかった時、園さんがそばに来て『これ、別れの歌だから』とぼそっと言われた瞬間、わーっと涙が出ました。余計なことは何一つなくて、いま、いちばん自分たちが求めている言葉をぽんと言ってくれるんです。心に手を突っ込まれて、出されるような感じです」。

ハロー!プロジェクトを卒業し、アイドルから見事に脱皮した真野だが、そのきっかけの1つに園組への情熱があった。「昔から園さんとお仕事がしたくて、ワークショップやオーディションに参加させてもらっていたんです。園さんの作品は特殊なので、ハロプロ をやっていたら撮れないんじゃないかとも思っていました。いまはすごく良い環境にいて、卒業したことに後悔はないです。また、自分で選んだ道を、後輩につなぐことができたら良いなと思っています」。

池田は、初めての大役を経て、女優としての欲に火がついたようだ。「作り手の熱量を見てしまうと、どうしても頑張りたくなります。今回は、恋をしちゃったような感覚になりました。まだ、あさはかな状態で『女優をやります』というのはおこがましいので、『これからも女優をさせてください』といったところです。以前は、女優業に対して、若干面倒くさいというような偏見をもっていたのですが、逆にそこに魅力を感じたので、『もしやらせていただけるのなら頑張ります』という姿勢に変わりました」。

なんともまぶしい、前途洋洋の若手女優たちだ。いまの年代特有の愛くるしさやきらめきは、『映画 みんな!エスパーだよ!』全編にあふれ出ている。是非、そんな彼女たちに会いにいってほしい。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース