• TOP
  • ニュース
  • 『アンフェア』のAKIRA、ユニークすぎる役作りとは?
  • INTERVIEW

『アンフェア』のAKIRA、ユニークすぎる役作りとは?

2015年9月2日 11:00

『アンフェア the end』に出演したAKIRA
『アンフェア the end』に出演したAKIRA

EXILEのパフォーマーとして活躍する一方で、主演ドラマ「GTO」や「HEAT」などで俳優としてのパワーランキングも着実に上げてきたAKIRA。最新映画出演作は、篠原涼子主演の人気シリーズの完結編『アンフェア the end』(9月5日公開)だ。本作で重要な役どころを演じたAKIRAにインタビューし、なんともユニークな役作りについて話を聞いた。

『アンフェア』の主人公といえば、篠原演じる捜査一課検挙率ナンバー1を誇る破天荒な刑事・雪平夏見だ。本作では、これまで明かされてなかった父の死の真相に迫りながら、警察や国家を裏で操る闇の組織との最後の戦いに臨んでいく。AKIRAは、雪平の敵か味方かもわからない最高検察庁監察指導部の検察官・武部将臣役を演じた。

今回の現場でAKIRAは、佐藤嗣麻子監督から細やかな演出を受けた。「自分のなかでも役を作っていくんですが、今回は現場で監督が、武部の歩き方からしゃべり方、まばたき1つの仕方についても、全部指導してくださった。そこまで細かく誘導してくださるのは役者としてうれしかったですし、自分でも見たことがない部分を引き出してくださったので、感謝しています」。

武部になりきるため、普段の生活のテンポまで変えていたと言うAKIRA。「僕はダンスをやっているので、生活のリズムや体の動きはどちらかというと落ち着きがないんです。だから、武部を演じている時は、歩くスピードやしゃべり方とか、コーヒーをもつ動きにしても、2倍くらいテンポを遅くして生活しました」。

役柄のオンオフは、あまりしない方だ。「いろんな役者さんがいらっしゃって、『何、役者を気取ってるんだよ』という人もいるでしょうけど、今回の武部のような真面目な役をいきなりやれと言われても、普段の癖が出ちゃったり、しゃべり方も言葉尻が速くなっちゃったりすると思うんです。だから、そういう役の時は、極力、日常から役に合わせるようにします。もちろん、EXILEの仕事は入りますから、そこはきちんと切り替えて、終わったら武部に戻すという感じでした」。

毎回、役に対してアプローチするやり方は違うそうだ。「その役の自分なりの作り方があって、それが合っているかどうかもわからないけど、いろいろとやっています。たとえば、時代劇でからっとした役柄を演じる時、この人は大自然で育った、まるで太陽のように爽やかな人だから、とりあえず海を走ってみようとか考えるんです。マイナスイオンが出ているような感じだと解釈したので(笑)」。

役作りを考えること自体がすごく楽しいと言う。「映画でよくヒーローものや好きな俳優さんの格好良いシーンを観たりすると、だいたい男って、後で真似したがるんですよ。そういう子どもじみたことをいまでもやっているわけで。今回もそういう感じで、家で1人、武部ごっこみたいなのをやっていました」。

役作りで煮詰まった時は、パフォーマーならではの体育会系の行動に出る。「台本を読んでいると考えすぎちゃうので、たまに踊りながらセリフを言ったりします。頭で考えるより、感じて生まれることの方が多いので、とにかく体を動かし、汗をかいてみるんです。役が凝り固まってしまった時は、それを壊そうとします。たとえば怒りの表現などをアップテンポの曲で叫んでみると、全く違うものが出てきたりするから面白いですよ」。

AKIRAは、パフォーマーとして、役者として、常に全力投球という印象を受ける。2つをやっていることでの強みはあるのか?と尋ねると「大いにあります」という答えが返ってきた。「2つは全く違うアプローチの仕方ですが、たとえばアクションをやる時は、体のキレがあった方が良いですし、芝居で学んだことをダンスに活かしたり、ダンスで感じたものを芝居のリズムに落としこんだりと、そういう相乗効果が楽しいです」。

10年も続いてきた人気シリーズの最終章『アンフェア the end』で、AKIRAはどんな存在感を放っているのか?果たして彼が演じた武部は、アンフェな人間なのか、そうではないのか?映画館で確かめていただきたい。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース