• TOP
  • ニュース
  • 『ジュラシック・ワールド』が2015年公開作の最高興収記録を更新
  • NEWS

『ジュラシック・ワールド』が2015年公開作の最高興収記録を更新

2015年8月25日 09:50

累計興収59億円を突破した『ジュラシック・ワールド』
累計興収59億円を突破した『ジュラシック・ワールド』Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

『ジュラシック・ワールド』が3週連続1位を記録した8月22日・23日の週末ランキング。上位陣が変わらぬ好調ぶりを見せ、前週の10作品がそのままランクインという結果となった。

『ジュラシック・ワールド』は、土日2日間で動員37万8941人、興収5億9749万8800円をあげ、公開19日間の成績は累計動員400万人、累計興収59億円を突破。累計興収は『シンデレラ』の56.5億円を超えて、2015年公開作品として最高の成績となった。

2位の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』は土日2日間で動員26万4938人、興収3億6137万4700円を上積みし、こちらは累計動員260万人、累計興収34億円を突破した。最終興収54億円のヒットを記録した前作『ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル』の公開17日間での成績を上回る成績となっており、60億円の大台も見えてきた。

このほか、4位の『バケモノの子』は累計興収50億円を超え、5位の『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』も累計動員150万人を突破し、累計興収は20億円が目前となってきた。アニメ作品では惜しくもランクインとはならなかったが、『アイカツ!ミュージックアワード みんなで賞をもらっちゃいまSHOW!』が12位、『劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント』は全国17スクリーンでの上映ながら13位となる健闘を見せた。

学生たちにとって夏休み最後の土日となる来週はどのような結果となるのか楽しみだ。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース