• TOP
  • ニュース
  • 高まる恐竜熱!『ジュラシック・ワールド』が首位!
  • NEWS

高まる恐竜熱!『ジュラシック・ワールド』が首位!

2015年8月11日 10:00

世界中で大ヒットを記録している『ジュラシック・ワールド』が日本でも絶好調!
世界中で大ヒットを記録している『ジュラシック・ワールド』が日本でも絶好調![c]Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

夏休みシーズンに突入し、話題の大作が相次いで公開した8月8・9日の週末。興行ランキングで首位に輝いたのは、世界各国でも大ヒットを記録している『ジュラシック・ワールド』だった。

802ものスクリーン数で全国一斉公開されると、土日2日間で動員54万4759人、興収8億4512万円を記録。8月5日公開のため、すでに累計動員は107万人、累計興収15億円を突破している。

1993年に公開された『ジュラシック・パーク』で叶わなかった恐竜テーマパークの開園を描いた本作。公開を待ち望んだシリーズのファンはもちろん、公開直後の8月7日に『ジュラシック・パーク』のHDリマスター版が地上波初放送されたこと、また「メガ恐竜展2015」「ダイノワールド2015 ヨコハマ恐竜博」などの恐竜イベントが開催中という後押しもあってか、親子連れや学生のグループ、若いカップルなどこれまでのシリーズを知らなかった若者層も多く取り込んだようだ。

惜しくも初登場2位となったのは、トム・クルーズ主演のアクションシリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』。全国600スクリーンで公開され、土日2日間で動員42万7281人、興収5億7354万9200円をあげている。シリーズ前作の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(11)のオープニング比(金曜初日)121%を記録し、60億円超えも見込める好発進となった。

公開前から、トム自身がスタントなしで挑んだスカイアクションなどが大きな話題を集めた本作。日本で最大座席数(944席)を誇るTOHOシネマズ日劇1では、8・9日の計8回の上映回のうち4回も完売するなど、近年にない盛況を見せたほか、全国の劇場でも満席が続出した。前作よりも女性客が増加し、トムのアクションシーンを見るため、20~30代の女性ファンが劇場に詰めかけたという。

そのほかの初登場は3作品。3位にランクインしたのは人気コミック「NARUTO ナルト」のスピンオフ『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』だった。夏休み恒例の人気シリーズ『劇場版 仮面ライダードライブ/手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE』は6位、役所広司が阿南惟幾陸軍大臣を、本木雅弘が昭和天皇を演じた『日本のいちばん長い日』は10位という結果に。先週のランキングから半数以上の作品が入れ替わるなど、夏休み映画が大きな盛り上がりを見せた。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース