激戦の予感!?『図書館戦争』榮倉&福士の銃撃戦カット |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/8/8 7:30

激戦の予感!?『図書館戦争』榮倉&福士の銃撃戦カット

本を読む自由を守る“図書隊”の活躍を描いた映画『図書館戦争』(13)の続編『図書館戦争 THE LAST MISSION』(10月10日公開)の気になる新情報を入手!国家の検閲実行部隊“良化隊”と図書隊が前作以上に激しい攻防を繰り広げる本作で、その銃撃戦を切り取った場面写真を紹介する。

原作ファンが“実写化するならこのキャストで!”と熱望した岡田准一×榮倉奈々のタッグが実現し、映画化された前作は、ハードなアクションシーンも話題となり、興収17.2億円のヒットを記録。待望の続編となる本作では、さらなるスケールアップが期待されていた。

今回入手した写真には、図書隊の中でも戦闘を専門とする特殊部隊“タスクフォース”の紅一点・笠原郁(榮倉)と、その同期の手塚光(福士蒼汰)の姿が。2人は戦闘服に身を包み、良化隊によって回収されそうになっている本をアタッシュボックスに入れて運搬している。榮倉が撮影後に「今まで以上に激しく長いアクションシーンがあり、記憶が薄れたほどでした」とコメントしているとおり、すさまじい戦闘シーンがこのあとに展開されていきそうな、期待が高まるカットだ。

アクション以外にも、岡田演じる鬼教官・堂上篤と、彼に憧れる笠原のじれったい恋模様にも進展がありそう。さらに秋には、映画本編に繋がるスペシャルドラマ「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」の放送も決定しており、公開に向け熱が高まってきている本作。さらなる続報を待ちたい!【トライワークス】

関連作品