• TOP
  • ニュース
  • 真野恵里菜、ギリギリ頑張ったのは「パンチラです」
  • NEWS

真野恵里菜、ギリギリ頑張ったのは「パンチラです」

2015年8月3日 19:58

『みんな!エスパーだよ!』に出演した真野恵里菜
『みんな!エスパーだよ!』に出演した真野恵里菜

園子温監督、染谷将太主演の深夜ドラマを映画化した『映画 みんな!エスパーだよ!』(9月4日公開)の完成披露試写会が、8月3日にイイノホールで開催。染谷将太、池田エライザ、真野恵里菜、マキタスポーツ、深水元基、柾木玲弥、高橋メアリージュン、神楽坂恵、園監督が舞台挨拶に登壇した。園監督は「最近の映画じゃ珍しいくらい、はりきってHにしてます」とアピールした。

ドラマでもギリギリの際どいシーンが話題となった本作ということで、それぞれがギリギリまで頑張ったシーンを告白することに。

主演の染谷は「走るシーンが多かったです」と振り返った。池田は染谷をキックするシーンについて「蹴る前に『大丈夫だよ』と言ってくださったので、心置きなく蹴らせていただきました」とコメントし、染谷もうなずく。

真野は「パンチラですかね」と笑顔を見せ「連ドラの時は、下ネタで盛り上がっていた男子たちに拒否反応があったのですが、『エスパー~』をやってから、男子の青春ってこれなんだなと、心に余裕をもてるようになりました」と言い、会場の笑いを取った。

ドラマに続き、激しく腰を振るシーンがあったマキタは「マジでやってます。僕はビジネスエロですから」と開き直り、真野に「現場でエロくなかったよね?」と振ると、真野は失笑する。

深水がマキタについて「ドラマより映画の方がすごくキレが良い」と指摘すると、園監督も「双子が産まれたからね」と突っ込み、会場は大受け。マキタは「僕は宗教上、4回しかセックスしてないので」と言うと会場に微妙な空気が流れる。マキタは「ああ、女性も引かないの!そういう場だから」と注意し、会場は大爆笑となった。

『映画 みんな!エスパーだよ!』の原作は若杉公徳の人気コミック。愛知県東三河を舞台に、突如、超能力に目覚めた平凡な高校生・鴨川嘉郎(染谷将太)と、彼を取り巻くエスパーたちとの戦いと友情をコミカルに描くお色気青春映画となっている。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース