• INTERVIEW

『ジュラシック・ワールド』をハイヒールで爆走!秘話明かす

2015年8月04日 7:30

ブライス・ダラス・ハワードを直撃!

夏の大作映画が続々と公開される中、老若男女が絶叫しながら楽しめるテーマパークのような映画『ジュラシック・ワールド』がいよいよお目見えする(8月5日公開)。スティーヴン・スピルバーグがメガホンをとった『ジュラシック・パーク』の公開から22年。ついにオープンした、恐竜と触れ合える高級リゾート“ジュラシック・ワールド”を舞台に、新種の恐竜が人間たちを恐怖に陥れる様をダイナミックな映像で描く本作。来日したブライス・ダラス・ハワードを直撃し、ハイヒールを履いて挑んだ恐竜との戦い。クリス・プラットと演じたロマンスの感想を聞いた。

ブライスが演じるのは、パーク内のすべての場所を監督する女性・クレア役。出世に燃えるキャリア・ウーマンだ。ハイヒールでジャングルを爆走する姿は、とりわけ女性陣は驚くに違いない。「最初は、クレアにずっとヒールを履かせるかどうか、決まっていなかったのよ」とブライス。「撮影が始まって、コリン(トレボロウ監督)から、『キャラクターとしては、ヒールを履いているべきなのかな。どうしようか?』と聞かれて。そのとき私は、クレアが『これからすごい冒険が起こる』という準備をしていたようには見えたくないと思ったの」

そう語るように、安全なパーク運営を約束していた監督者・クレアとしては、恐竜が暴れ出すことはとんでもない緊急事態だ。「良い具合に、急に別の靴がどこからともなく出てきたらおかしいわよね。それに、企業文化の中でキャリアウーマンとしてずっと戦ってきたクレアなら、ヒールを履いていてもマラソンくらいできるんじゃないかと思ったの!」と笑うブライス。役柄にしっかりと寄り添い、説得力ある爆走シーンが完成。さらには、「つま先だけつけるようにすると、うまく走れるわよ」とハイヒールで走るコツまで教えてくれた。

また「あまりに厳格で、こうしなければいけないと決めつけてしまっていることが、彼女の弱みになってしまっている」とストーリー序盤のクレアの印象を語る。恐竜との戦いの中で、甥っ子たちへの愛情を再確認するなど、クレアの頑なだった心が少しずつほぐれていく。特に大きな影響を及ぼすのが、本作のヒーロー・オーウェンだ。

「クレアとオーウェンの関係はとても興味深かった。普通に考えたら、絶対にうまくいきそうにない二人だもの。最終的には二人は完璧なチームになるわ。クレアはこの島に住んで仕事をしていて、家族との関わりもないような状態でストーリーは始まるの。でも最後には、自分の家族のようにみんなを救おうと必死になるわ。彼女は泥まみれになってしまうけれど、物語を通してとっても成長したと思うわ」。また、オーウェンを演じたクリス・プラットとの共演に話が及ぶと、「どんな真面目な映画でも、クリスがいる限り、最終的には楽しい話になってしまうと思うわ!彼は本当に楽しい人で、まるで“歩くパーティー男”みたいなのよ」と楽しそうに笑う。劇中同様、温かな絆を育んだ様子だ。

恐竜が暴れまくるスリリングな展開の中で、クレアとオーウェンのやりとりを始め、コミカルな描写が映画を一層、豊かなものにしている。「最初の『ジュラシック・パーク』もとても面白かったわよね。サミュエル・L・ジャクソンもいて、楽しい瞬間がたくさんあった。コリンが監督に選ばれた理由も、そういうところにあるんじゃないかと思うの。彼の初作品『Safety Not Guaranteed』(邦題『彼女はタイムトラベラー』)もコメディやいろいろな要素が詰まっていた。そういったもの全部をひっくるめた作品をつくれたからこそ、彼にお声がかかったんじゃないかと思うわ」

スピルバーグが太鼓判を押したトレボロウ監督を、ブライスも信頼しきっている様子。是非とも大きなスクリーンで、ブライスが果敢に恐竜に立ち向かう姿、そして目を見開くようなスリルを味わってほしい。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース