• NEWS

トム・クルーズが歌舞伎町に!汗だくでもファンに神対応

2015年8月03日 20:55

炎天下の歌舞伎町で汗だくのトム…にも関わらず笑顔で神対応!

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(8月7日公開)のPRで現在来日中のトム・クルーズ。8月3日、本作のジャパンプレミアイベントが新宿歌舞伎町セントラルロードで開催され、トムがレッドカーペットに登場!集まった大勢のファンと触れ合った。

主役の登場を前に、異常な熱気と期待感に包まれていた歌舞伎町。トムの登場がアナウンスされると「トムー!!」という大歓声が上がり、会場は一時騒然となった。カーペットに登場したトムは、約2時間にわたりマスコミの取材とファンからのサイン&写真攻めに対応。炎天下ということもあり、トムはしたたる汗をぬぐいながらも、決して笑顔を絶やさなかった。

ファンサービスを終えたトムは、クリストファー・マッカリー監督と共に特設ステージに登壇。そして、「今日は来てくれて本当にありがとう!日本に来ることはとても名誉あることなんだ。『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』という素敵な作品を皆さんに早く楽しんでほしい。ドウモアリガトウ!」と日本のファンへの感謝を伝えた。

またステージにはこの日、「ミッション:インポッシブル」のテーマ曲を生演奏したギタリストのMIYAVIも登壇。トムは「とても才能あふれる、素晴らしいミュージシャン」とMIYAVIを紹介し、「彼のミュージックビデオも見たことがあるけど、本当にクールなんだ」と絶賛した。

MIYAVIは「今回、この曲を演奏するという不可能なミッションを与えられたんです。自分にできるのか…と思いましたが、日本人のミュージシャンとして参加することができて、うれしかった」とコメント。トムが「じつは監督と僕もギターの練習をしているんだ」と明かすと、MIYAVIは「次回作は自分で演奏したら?」と提案したが、トムは「僕はMIYAVIの演奏を見ているだけにしておくよ(笑)」と軽妙なやりとりで会場を沸かせた。

最後に映画の見どころを聞かれたトムは「ドラマ、キャラクター、不可能と思えるような危険なアクション…。もちろんユーモアもね(笑)。夏の娯楽作にふさわしいと思うから、ぜひ楽しんでほしい!」とアピール。最後までファンに手を振りながら会場を後にし、熱気に満ちたプレミアイベントを終えた。【取材・文/トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース