• TOP
  • ニュース
  • 宮崎あおい、染谷将太たちを細田守監督が「すごい表現者」と絶賛
  • NEWS

宮崎あおい、染谷将太たちを細田守監督が「すごい表現者」と絶賛

2015年7月29日 12:21

『バケモノの子』渋谷凱旋舞台挨拶に宮崎あおい、染谷将太、細田守監督が登壇
『バケモノの子』渋谷凱旋舞台挨拶に宮崎あおい、染谷将太、細田守監督が登壇

大ヒット中の細田守監督作『バケモノの子』の渋谷凱旋舞台挨拶が、7月29日にTOHOシネマズ渋谷で開催。声優を務めた宮崎あおい、染谷将太、細田守監督が登壇した。細田監督は「この作品は、スタッフやキャストにも恵まれていますが、来ていただいたお客さんにも支えられて、幸運な作品だなと思っています」と感謝の言葉を口にした。

渋谷を舞台にアニメーション映画を作ることは大きなハードルがあったという細田監督。「渋谷ってすごくややこしい。行きなれないと自分がどこにいるのかわからなくなるけど、それが面白い。そのうち、ぜんぜん違うところにつながってしまうんじゃないかと思って、それが渋天街(バケモノたちの街)の着想につながりました」。

宮崎は、細田監督に「たくさんある(作業)工程のなかで、何がいちばん大変で、何がいちばん面白いのですか?」と質問する。細田監督は「企画ですね。どういう内容だと映画にして楽しいか、お客さんと気持ちを共有できるか、それを決めるのが本当に大変です」と告白。

続いて「楽しいのは、たくさんの才能のあるスタッフやキャストといっしょにやっていくと、どんどん作品が広がっていくこと。映画は映画はひとりじゃできないから。それを見るのがすごくわくわくする瞬間です」と語った。

染谷は「声を入れていく演出で、いちばん軸にしているものは?」と監督に尋ねた。細田監督は、主人公・久太の少年期と青年期の声を当てた宮崎や染谷たちを称え「すごい表現者なんです。いっしょに作ってくれて、作る楽しみをもたらしてくれるってのがすごくうれしい。答えになっていますか?」と言うと、染谷は「素敵なうれしい話でした」と笑顔を見せた。

最後に、劇中のキャラクター、チコがのった大ヒットを祝うケーキを前に、笑顔でフォトセッションを行った。

『バケモノの子』では、人間の世界とバケモノの世界を行き来するひとりぼっちの少年と、彼の親代わりとなる暴れんぼうのバケモノが交流する冒険物語。7月11日に公開され、7月28日時点で、興行収入27億、6000万円、動員212万人を記録し、現在、渋谷ヒカエリエで開催中の「バケモノの子」展も人気を博している。【取材・文/山崎伸子】

【細田守監督作品『バケモノの子』展 開催概要】       
会期:2015年7月24日(金)~8月30日(日)
会場:渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール ホールA(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
時間:10:00-19:00 (18:30最終入場)
問い合わせ:「バケモノの子展」運営事務局 TEL:03-3556-6562
公式ホームページ: http://www.ntv.co.jp/bbe

※TOHOシネマズ渋谷 限定 シアターカルチャーマガジン「T.(ティー)」×スタジオ地図 
オリジナルTシャツ付き スペシャルパック(¥2980)も好評発売中

関連映画

関連映画ニュース