• NEWS

野村萬斎と宮迫博之が前代未聞の“最強のコンビ”に!?

2015年7月27日 5:00

人気脚本家・古沢良太によるオリジナル作『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』で野村萬斎が現代劇に初挑戦!コンビを組む相方の芸人役には・宮迫博之が決定 | [c]2016「スキャナー」製作委員会

『探偵はBARにいる』シリーズ、や「相棒」シリーズ、「ゴンゾウ~伝説の刑事~」などのヒット作で知られる人気脚本家・古沢良太のオリジナル描き下ろし脚本で制作される映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の企画が発表され、主演を務める野村萬斎が現代劇に初挑戦し、相方の芸人役を演じる宮迫博之とコンビを組むことが明らかになった。

狂言師でありながらドラマや映画と様々なフィールドで活躍している野村が演じるのは、残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読み取ることができる特殊能力を持った男・仙石和彦。かつて能力を使い、マイティーズというお笑いコンビで日本中を湧かせたが、その能力の代償に精神をすり減らし、コンビも解散、以来、マンションの管理人として人目を避けた生活を送るようになっているというキャラクターだ。これまで主演を務めた映画は時代劇だったが、今回は現代劇。個性的な主人公を唯一無二の存在感で演じる。

そんな野村が演じる仙石の相棒(元相方)マイティ丸山役には、お笑いコンビ・雨上がり決死隊としてバラエティに出演する傍ら、俳優としても数多くの人気ドラマ・映画に出演している宮迫。マイティーズ解散後もピン芸人を続けるものの鳴かず飛ばずで、再会した仙石を外の世界へと引きずり出すものの、風変りで理解できない仙石の行動に振り回されるというキャラクターを演じる。野村とどんなコンビぶりを披露してくれるのか、気になるところだ。

本作への出演に際して野村は、「僕は狂言師なので、どうしても腹から声を出してしまいます。今回は現代劇ですし、そんなに大きな声を出さないでと監督に言われていますので、なるべく自然に喋ることを心がけています。今回の脚本の、物に人間の思いが宿るというのは日本的な感性で素敵ですよね。そして、それが事件を解決するカギになるというのもオリジナルの面白さだなと感心致しました」とコメント。また、宮迫とのコンビについては「僕も漫才師になったような不思議な気分です(笑)。狂言もセリフ術ですが、今回セリフの応酬で魅せる部分もあるこの作品の中で話芸を培われた宮迫さんと一緒にやると非常にテンポ感が出ます。判り易く言えば楽しいキャッチボール。お互いが楽しんでいて、それを人が見て楽しい。そんなコンビネーションになっていると思います」と、楽しんでいる様子だ。

宮迫は「本来、映像のお仕事に限らず、ある程度の緊張を持って仕事に臨むんですけど、今回は芸人ということもあって今の所、ほぼフラットです(笑)。萬斎さんとお仕事させてもらうのは初めてなんですけど、とにかく初対面の感じがしなかった。不思議と、何の違和感もなくリズムよくできたんです。ただ我々も喋る仕事ですが、発声のレベルが全然違う。(萬斎さんの)役柄的には(発声を)抑えないといけないので、監督さんから注意されることもあるんですが、その時の発声が全てこっちのお腹に響いてくるから、すげ~なと!(笑)。あのお腹に響く発声はどうやってるんだろう?などと思いながら、ご一緒しています」と語っている。

メガホンをとるのは平成ガメラ3部作や『デスノート』シリーズを手がけた金子修介。7月15日にクランクイン(東映東京撮影所及び関東近郊でロケ)し、8月末にクランクアップ予定。16年GWの全国公開を予定している。【Movie Walker】

関連映画ニュース

[c]2016「スキャナー」製作委員会| [c]2019映画「七つの会議」製作委員会| [c]2016『スキャナー』製作委員会| [c]2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS| (C)関西テレビ| [c]SHIROGUMI INC, GAMBA