• NEWS

三浦春馬、エレン役に万感!『進撃の巨人』日本で初披露

2015年7月21日 20:45

いよいよお披露目!三浦春馬が『進撃の巨人』への思いを告白

全世界累計発行部数5000万部を突破する大ヒットコミックを実写映画化した『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の完成披露ジャパンプレミアが7月21日に東京国際フォーラムで開催され、三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼、樋口真嗣監督が登壇。主人公のエレンを演じた三浦は「日本でいま最も有名で力を持っている『進撃の巨人』を原作に実写版を撮れたこと。そして主演として参加させていただいたことに本当に感謝しています」と大プロジェクトへの思いを感無量の面持ちで語り、会場から大きな拍手を浴びた。

本作は、人を食らう巨人に支配された世界を舞台に、人類と巨人との壮絶な戦いを描く物語。原作者の諫山創と密に相談し合いながら、実写版が完成した。樋口監督は観客を前に大緊張。「ずっとこの人たちと2年くらい一緒にいた。極限状態まで追い込まれた人類ということで、皆さん、思い出したくないくらいの汚し方をしてしまった。俺はなんてことをしてしまったんだろう」とキャスト陣の熱演に感謝しきり。「原作に惚れ込んだ。原作の面白い要素をどこまで詰め込めるかということを考えていた」と思いを明かしていた。

実写版オリジナルのキャラクター・シキシマ役を演じたのが長谷川。原作ファンにとっては人気キャラクターのリヴァイを想起させる役どころだが、長谷川は「人類最強の役を演じさせていただきました」と口火を切り、「といっても皆さんが大好きなリヴァイではありません」と挨拶。会場も大爆笑だった。

巨人と戦うための装備、立体機動で飛ぶアクションも見どころだ。ワイヤーアクションに挑戦した長谷川は「恐ろしくて死にそうになった」と述懐。三浦が「寡黙な長谷川さんが、『フォー!』と叫んでいたので、こんな一面もあるんだと思った」と言うと、長谷川は「すごい怖かったんだけど、“最強の男”という設定だから怖いという部分を見せてはいけないと思っていた」と必死の思いだったことを苦笑いで告白していた。

最後には三浦が「すさまじい映像をお届けできると思います。すべて樋口監督が導いてくれたこと」と樋口監督に敬意を表し、「素晴らしい体験をさせていただいことに、本当に感謝しています」と改めて心を込めていた。二部作として公開される劇場版前編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は8月1日(土)より、後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD』は9月19日(土)より公開となる。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 [c]諫山創/講談社| [c]2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 [c]諫山創/講談社| [c]2018 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会| [c]2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 [c]諫山創/講談社| [c]2015 プロジェクトラブライブ!ムービー