• NEWS

女子中学生がトイレでこっそりしていることを告白!

2015年7月19日 16:41

女子中学生がこっそりトイレでしていることとは!?

GYAO!にて配信中のドラマ『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』の劇場版が完成。7月19日に山野ホールで完成披露上映会が開催され、主演を務めた「神聖かまってちゃん」「バンドじゃないもん!」のドラマー・みさこをはじめ、出演者の女子中学生キャストがズラリと登壇。一般公募していた劇場版タイトルは『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。前編:入る?後編:出る!』(8月下旬公開)に決定。二部作として公開されることが発表された。

本作は、桃山女子学院中等部のトイレを舞台に、子供でも大人でもない女子中学生が“女子ごころ”を洗いざらいにする青春ドラマ。オーディションで選ばれた現役女子中学生アイドルが集結したことでも話題。このたび、映画用に再編集し、さらに隠し撮っていた別エピソードも盛り込んで劇場版が完成した。

この日登壇したのは、みさこをはじめ、蒼波純、久間田琳加、吉田凜音、鈴木まはな、甘南備由香、森本奈々、森本寧々、西本まりん、斉藤ナディア、花形光音、行場桃花、島野結雨、吉崎莉愛、白石和彌監督と劇中イラストを担当した水野しず。上映会に先駆けて行われたイベントでは、“MOMOYAMA GIRLS COLLECTION”と題して、メンバーがランウェイを闊歩。蒼波は「好きなトイレのタイプは洋式です。トイレでこっそり本を読んでいます」、久間田は「トイレでこっそり着替えをしてます!」と明かすなど、それぞれが好きなトイレのタイプ、トイレで隠れてやっていることを告白して会場を盛り上げた。

メガホンを『凶悪』(13)の白石監督がとった。女子中学生に囲まれた白石監督は、「楽しかったですよ。学校の先生みたいでしたね」と撮影を述懐。「『凶悪』では撮影中、毎日のように誰かを殺していた。それを監督した白石も“凶悪”だと思われていて。そんなことないよ!ということを証明したかった」と新境地への思いを吐露。「いい経験になった。全然違う方向でこういうこともできるんだぞとわかってもらえるものになった」と胸を張っていた。

劇場公開が決定したことについては「ここにいるみんなの顔が大きいスクリーンで見られる。みんな頑張ったよね!頑張っていない人はいない」と女子中学生キャストを見渡し、「僕は映画人としてスクリーンで見てもらうことが大切なことだと思っている。本当にうれしい」と喜びをかみしめていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画ニュース

ヘアメイク/中逸あゆみ