• NEWS

トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜が瓦割りに挑戦

2015年7月11日 18:49

トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜が鬼瓦割りにトライ
トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜が鬼瓦割りにトライ

『新宿スワン』(公開中)の園子温監督が、山田悠介の人気小説を、独自の視点から映画化した『リアル鬼ごっこ』の初日舞台挨拶が、7月11日に新宿ピカデリー1で開催。トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜と園子温監督が舞台挨拶に登壇した。当日4人はサプライズで観客と一緒に本作を鑑賞し、客席から舞台に上がった。

トリンドルは「うれしいです。晴れて良かったなと」笑顔を見せる。篠田は「さっき観てたんですが、震えが止まらなくて。エンドロールで名前が出た時、うれしさと、やっと旅立ったというか、やっと観ていただけるんだと実感しました」と感無量の様子。

真野も「胸がいっぱいです。客席で観ていて、横を見たらトリちゃんもマリコさんも上を向いてらして。この作品の一部になれて、幸せです」と、3人とも感極まっている様子。トリンドルも「うるうるしちゃいました」と感激しきりだった。

園監督は「不思議なキャスティングになったので、どんな感じになるのかなと思っていたけど、良いバランスで良かったと思います」と太鼓判を押した。

最後に、本作の大ヒットを祈願し、縁起の良い末広がりの8、襲ってくる鬼をやっつ(8つ)けるということで、トリプルヒロインが8枚の“鬼”瓦割りに挑戦。見事に成功すると、トリンドルは「生まれて初めてでした。痛かったです」と感想を述べた。篠田は「8枚割ったのは初めてです。全然、大丈夫でした」と余裕を見せる。

真野は「気持ち良かったです。痛くなかったです」と笑顔でコメント。園監督は、3人が成功したことに驚き「すごい。怖いなと思いました」と笑いながら、感心していた。

今回の『リアル鬼ごっこ』は、小説の設定を変えてトリプルヒロインを迎え、命をねらわれる女子高生たちの逃亡劇を描く。園監督は最後に「すごく恐ろしいジェットコースタームービーです」とアピールした。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース