• GOSSIP

007シリーズ舞台ミュージカル化の報道をスタジオが否定

2015年7月11日 16:00

現007ことジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ | 写真:SPLASH/アフロ

007シリーズがミュージカルとして上演されるとメディアが一斉に伝えていたが、同映画シリーズの著作権を有するMGMとダンジャックが報道を否定した。

007シリーズのプロデューサー、ハリー・サルツマンの娘メリーは、シリーズの舞台化権を獲得したと主張し、「2017年後半か2018年初頭の上演開始を目指して製作スケジュールや試演の日程を調整している最中です」と演劇情報サイトPlaybill.comのインタビューで明かしていた。

「James Bond: The Musical」というタイトルがついたこのミュージカルは、全く新たなボンドガールを初めとする新キャラクターたちや、シリーズのファンにはお馴染みの悪役たちも登場すると同サイトは書き、ミュージカル版の脚本を担当するのは小説家のデイヴ・クラーク、音楽はカントリー・ミュージシャンのジェイ・ヘンリー・ワイズが担当すると伝えていた。

歌って踊れるジェームズ・ボンドの登場に期待を寄せていた人も多かったかもしれないが、MGMとダンジャックは共同で否定声明を発表している。

007シリーズの公式サイトの声明には「ダンジャックとMGMスタジオは、メリー・サルツマンと彼女の製作会社にジェームズ・ボンドのミュージカルを作る権利を与えていないことを正式に発表します。ダンジャックとMGMはボンド・シリーズの全てのライブ・ステージに関する権利を有しており、我々の許可なしに同シリーズが舞台化されることはありません」と記されている。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース