• NEWS

藤原竜也、チビっ子の前に登場!「完全アウェイ」と苦笑

2015年7月5日 15:37

藤原竜也、浴衣姿で『ポケモン』舞台挨拶に登場!
藤原竜也、浴衣姿で『ポケモン』舞台挨拶に登場!

映画『ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪(リング)の超魔神 フーパ』、同時上映となる『ピカチュウとポケモンおんがくたい』(7月18日公開)の完成披露試写会が7月5日に東京ドームシティホールで開催され、藤原竜也、山寺宏一、中川翔子、篠原信一、山本美月、松本梨香、安田レイ、湯山邦彦監督が登壇。全員が夏らしい浴衣姿を披露した。

サトシとピカチュウたちが、“なんでも取り出すことのできるリング”を持つ幻のポケモン・フーパと繰り広げる冒険が描かれる本作。物語の鍵を握る青年・バルザを演じる藤原は「完全にアウェイな感じ」と大勢のチビっ子たちを前に苦笑い。「今日は子どもたちが飽きないように頑張りたい」と話して会場を笑わせた。

ポケモン映画も18作目となったが「18年と聞いて驚いた」と藤原。「子どもたち、国民に愛され続けている映画に出られることってなかなかないこと。楽しませてやらせてもらいました」とゲスト声優を楽しんだ様子だ。

また、サトシたちが砂漠で出会うポケモン・ヒポポタス役の篠原は、「ヒポッス!」と元気に挨拶。声優初挑戦となったが、「最初は私がポケモン?と思った。まあ、声優向きではあったので、そこはなんの違和感もなくやりました」と胸を張り、会場も大爆笑。「もともと藤原くんのやっているバルザ役は僕だった」と抗議し、これには藤原も「僕の役をとろうとするんですよ」と苦笑いだった。

その後、安田レイが主題歌「Tweedia(トゥイーディア)」を生披露。すると、伸びやかな声で歌い上げる安田のもとに、篠原が乱入。藤原と山寺に連れ戻される一幕もあり、再び会場の笑いを誘った篠原。「自分はね、3番を歌うのかと思ったんですよ!」と言い訳しながら、「あり〜がとう〜」と歌ってみると、意外な美声に山寺も「そこそこうまいな!」と驚愕。会場からも拍手が沸き起こっていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース