• TOP
  • ニュース
  • シャーロット王女、洗礼式の後は女王主催のお茶会
  • GOSSIP

シャーロット王女、洗礼式の後は女王主催のお茶会

2015年7月5日 15:47

洗礼式の後はエリザベス女王の私邸でハイ・ティー(アフタヌーンティーより遅めの時間のお茶会)を開催
洗礼式の後はエリザベス女王の私邸でハイ・ティー(アフタヌーンティーより遅めの時間のお茶会)を開催写真:SPLASH/アフロ

7月5日に行われるシャーロット王女の洗礼式の後で、ノーフォークにあるエリザベス女王の私邸でロイヤル・ハイ・ティーが行われるそうで、キャサリン妃の両親やチャールズ皇太子とカミラ夫人、二十数名の招待者たちが出席すると英紙デイリー・メールが伝えている。

キャサリン妃の妹ピッパや弟のジェームズ、洗礼式でシャーロット王女の後見人となる代父母とそのパートナーたち、ジョージ王子とシャーロット王女のベビーシッターなどもロイヤル・ハイ・ティーに招待されているという。

そしてその後は、家族や親しい友人たちはウィリアム王子一家の邸宅であるアンマー・ホールに向かうそうで、そこで祝いの宴を続けることになるらしい。

また、ケンジントン宮殿は、洗礼式の写真を撮影するのはダイアナのお気に入りのカメラマンとして有名だったマリオ・テスティーノだと発表している。彼はヴォーグやヴァニティ・フェアの写真家として活躍し、ウィリアム王子とキャサリン妃の婚約記念の写真も撮影した。

ジョージ王子の洗礼式は別の写真家が担当したが、今回はマリオ・テスティーノが起用されることになったようで、「ウィリアム王子もキャサリン妃もマリオ・テスティーノに家族の大切な瞬間を助けてもらうことに大きな喜びを感じ、彼が撮った写真を一般の方々に見ていただけるのを楽しみにしています」と王室側がコメントしている。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース