• NEWS

鈴木亮平が「仕事とプライベートは真逆」と告白

2015年6月04日 21:53

『予告犯』でパワフルな関西人を演じた鈴木亮平にインタビューを敢行! | [c]2015映画「予告犯」製作委員会 [c]筒井哲也/集英社

超マッチョな高校生から好感度の高い夫役まで、幅広い役柄をこなす鈴木亮平。筒井哲也の人気漫画を映画化した『予告犯』(6月6日公開)では、謎のネットテロ集団“シンブンシ”のカンサイ役に挑戦している。どんな役でも見事に演じ切ってしまう鈴木に、独自の役作りについて聞いてみた。

鈴木が演じたのはミュージシャンを諦めた関西人、その名もずばり“カンサイ”。兵庫県出身の鈴木は、「今回は、僕の関西人の部分を解放させるだけで、これまで演じたことのない新しい役になるな、と思ったんです」と語る。

「黒沢清監督から聞いた話なんですけど、兵庫県民って“隠れ関西人”を装う人が多いそうなんですよ。僕も兵庫県出身で、普段は関西人の自分を隠して生活しているんです(笑)」。

そんな理由もあって「今回はあまり準備をせずに臨んだ」と言う鈴木だが、じつはその裏でしっかりと役を追求していた。キャラクターの特徴を掴む上で、あるモノが参考になったと振り返る。

「僕は監督と共通点を持っていたいタイプなんです。今回は中村義洋監督が用意してくれたカンサイの設定が役作りに役立ちました。衣装合わせの時に、カンサイは何人兄弟だとか、どんなバンドに憧れていたかとか詳細が書かれているメモをもらったんです」。

たとえ役作りでも実際の経験を重視する鈴木。今回も「カンサイは日雇い労働者だったので、実際にドヤ街と呼ばれている場所にもいきましたね。そこの空気感や人々の息遣いが参考になったんです」と語るように、事前のリサーチを欠かさなかった。

しかし、「プライベートは真逆で、全然しっかりしてないんですよ(笑)」と意外な一面を告白。

「僕が彼氏だったら相手の女性に怒られてばかりだと思います。ご飯を食べに連れて行ったら定休日だったり、そもそも忘れ物が多い(笑)。だから、役者として演技することは僕の中で本当に特別なこと。プライベートとは違って、演技することで初めて“本気”になれるんです」。

現在出演しているドラマ「天皇の料理番」では役に合わせて20キロ減量し、主演作『俺物語!!』(10月31日公開)では30キロ体重を増やすなど、いつも全力で役作りを行う鈴木。やはり役者という仕事に並々ならぬ思いがあるようだ。

「将来的には日本だけじゃなくて、世界でも通用する俳優になりたいんです。そのためにまずは本格的に時代劇をやってみたい。日本の伝統を背負える人間になりたいですね」。【取材・文/トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2015映画「予告犯」製作委員会 [c]筒井哲也/集英社| 写真/加藤アラタ| [c]アルコ・河原和音/集英社 [c]2015映画「俺物語!!」製作委員会| (C)NHK| [c]2014INOUE SANTA/“TOKYO TRIBE” FILM PARTNERS