• NEWS

『スター・ウォーズ』デジタル配信開始!未収録映像も

2015年6月1日 10:01

ジョージ・ルーカスの“3秒ルール”とは?
ジョージ・ルーカスの“3秒ルール”とは?Star Wars [c] & TM 2015 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

映画史に燦然と輝く超大作『スター・ウォーズ』。シリーズ6作品のデジタル配信が、本日6月1日から開始され、スマートフォンやタブレットで気軽に楽しめるようになった。

デジタル配信版には、過去に発売済みのVHSやDVD、Blu-rayなどには未収録の、新たなボーナス映像が併せて配信される。今回、その中から『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』デジタル配信版に収録されているボーナス映像の一部が公開された。

映し出されるのは、ジョージ・ルーカスの“3秒ルール”と呼ばれるもの。最強のデザイナーチームが制作した乗り物や建築物などのイメージ図案を、ルーカスが瞬時に選び、採用していく作業だ。

デザイン・ディレクターのダグ・チャンは、このルーカスの行動について「最も重要な“3秒ルール”です。映画特有のルールですが、観客がスクリーン上でそれが何かを識別し、記憶に留めるのに必要な時間は、場面が切り替わる前のわずか2~3秒しかありません。2~3秒以内で観客が理解できないデザインは効果的ではなく、良いデザインとは言えません」と解説する。

なお、エピソード1に収録されたボーナス映像「ダグ・チャンの回想」には、この“3秒ルール”を含む『スター・ウォーズ』の5つのデザインルールを収録。あらゆる角度から計算し尽くし、独特の世界観を生み出すルーカスの秘密に迫っている。

シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日)の劇場公開までに、ぜひこのデジタル配信版で過去作をおさらいしてみては?【Movie Walker】


関連映画

関連映画ニュース