• NEWS

西島秀俊、神木隆之介の熱視線を浴びて胸キュン!

2015年5月09日 12:59

西島秀俊をざわつかせた神木隆之介の行動とは?

水城せとなの同名コミックを映画化した『脳内ポイズンベリー』の初日舞台挨拶が5月9日にTOHOシネマズ日劇で開催され、真木よう子、西島秀俊、古川雄輝、成河、吉田羊、桜田ひより、神木隆之介、浅野和之、佐藤祐市監督が登壇。西島が“甘酸っぱい”と感じた神木隆之介の行動を明かして、会場を盛り上げた。

アラサー女子のリアルな心情を描くラブストーリーにちなみ、「思い出してもドキドキしてしまうような甘酸っぱい出来事」を明かした一同。

主人公の迷い多きアラサー独身女子を演じた真木は、中学時代の初恋の思い出に触れ、「二個上の先輩に第二ボタンをもらおうと思ったけれど、すでになくなっていてもらえなかった」と告白。「憧れの人で。告白もしないまま終わってしまった恋です」とはにかみながら明かしていた。

初デートを振り返ったのが古川で、「それこそ脳内会議をしながら、今、手をつないでいいのかと考えていた」と照れ笑い。中学時代の頃とのことで、古川から映画館デートに誘い、結果、手をつなげたことも自白させられた古川。「でも、緊張してしまって手汗がすごくて。途中、左手から右手に変えました」とピュアな思い出を話して、会場から「かわいい!」との声援を浴びていた。

西島は「神木きゅん」と愛情たっぷりに呼び、神木のある行動にときめいたとのこと。「ポスター撮りがあって、神木きゅんが僕の前だった。『西島さん、待ってますね』というのを、『いいよ、帰れよ』と言ったんですが」と述懐。一時間ほどは経過してしまったそうだが、「奥のついたてからずっと神木きゅんが見ていた。ちょっとざわついた」と神木が西島のことを見つめていたことに胸がキュンとしたことを明かした。

悪ノリした佐藤監督が「西島さん、そっち!?」と突っ込んでいたが、神木は「西島さんが(ポスター撮りで)本気でカッコつけているところを、どうやっているのかなと見たくて待っていました」とその真相についてコメント。会場の笑いを誘っていた。

その後も西島は「じっと見ているよね、取材のときも。やな感じですよ」と神木をいじり、神木は「フレンドリーに接してくださって。すごく仲良くさせていただいています」とにっこり。また、佐藤監督にけしかけられた浅野がニホンカモシカのモノマネを強要させられる一幕もあり、会場も大爆笑。終始、メンバーの仲の良さが伝わるトークに大盛り上がりだった。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[c]水城せとな・集英社/2015 フジテレビジョン 集英社 東宝| [c]2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会| [c] 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation| [c]水城せとな/集英社 [c]2015フジテレビジョン 集英社 東宝| [c]諫山 創/講談社 [c]映画「進撃の巨人」製作委員会