• NEWS

天海祐希、松山ケンイチに「大きな柱」と言われ苦笑

2015年5月09日 16:22

天海祐希が松山ケンイチに突っ込み!

舞台を映画館で体感できる“ゲキ×シネ”最新作『蒼の乱』の初日舞台挨拶が5月9日に新宿バルト9で開催。天海祐希、松山ケンイチ、早乙女太一、平幹二朗が登壇した。

劇団☆新感線の舞台で初座長を務めた天海は「いろんなものに押し潰されそうでした。でも、これだけの人たちがいっしょの舞台に立ってくれると思ったら気が楽になりました」と、当時のプレッシャーを振り返った。

劇団☆新感線の大ファンだったという松山は出演を喜ぶも、「舞台の経験はほとんどないし、上がり症で。今回ゲネプロをやった時も足が震え、いろんなところから汁が出ていました」と激白。天海がすかさず「ちょっと!」と突っ込むと、会場は爆笑。

松山は「スピード感がある舞台で、みんなとフルマラソンをやったような気持ちになりました。天海さんという大きな柱があって。人間離れした天海さん…」と言いかけると、また、天海が「ケンイチくん!」と一喝する。松山は笑いながら「良い勉強をさせてもらいました」と感想を述べた。

早乙女は「劇団☆新感線の舞台が決まると、それが目標になります。いままでは緊張とプレッシャーで縮こまっていたけど、今回は初めて楽しくできました」と手応えを口にした。

平は「芝居は1回で終わり、記憶にしか残らないし、DVDでは舞台の熱が伝わりにくい。ところがゲキ×シネでは、劇の密度とシネマの流動感が掛け合わされ、いままで体験したことのないスペクタクルになっています」と、本作の見応えを力強く語った。

平安の世を舞台に、時代に翻弄される平将門とその妻・蒼真の姿を描く『蒼の乱』。将門(=小次郎)役を劇団☆新感線に初参加の松山ケンイチ、蒼真役を「薔薇とサムライ~GoemonRock OverDrive」に次いで3回目の参加となる天海祐希が演じた。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2015 ゲキ×シネ『蒼の乱』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線| (C)NTV| (C)オノ・ナツメ/小学館 (C)2015 WOWOW/ホリプロ| 撮影=大西二士男| [c]2014ヴィレッヂ・劇団☆新感線