• GOSSIP

テイク・ザット、ゼイン脱退の1Dにアドバイス

2015年5月03日 8:58

ゼインが脱退して4人で活動中の1D | 写真:SPLASH/アフロ

ゼイン・マリクが脱退したワン・ダイレクションのメンバーにイギリス人ポップグループ、テイク・ザットのメンバーがメッセージを送った。

ポップグループの先駆者といわれているテイク・ザットは、1990年に5人体制でスタートしたが、1995年にロビー・ウィリアムズがソロ活動をするために脱退し、マネージャーとの関係悪化などから1996年にグループは解散に追い込まれた。

そして、2005年に残りの4人でバンドを再結成したが、2014年にジェイソン・オレンジが脱退し、現在は当初のメンバーであるゲイリー・バーロウ、マーク・オーエン、ハワード・ドナルドの3人で活動している。

現在の1Dと同じような状況に陥った経験を持つマークは、イギリスのラジオ番組MagicFMのインタビューで、「当時は、その状況に対応するのに精一杯で、時にはロビーのことを忘れてしまったくらいだ。誰もロビーと連絡を取りあわなかったんだけど、彼も大変だったと思う」

「だから1Dの誰かが、ゼインが大丈夫かどうか電話してあげてくれるといいな。僕たちは解散までの7か月、かなりゴタゴタしたんだ。できれば全員で連絡を取って、お互いのことを確認しあってほしいと思う」と語り、ゲイリーもマークの意見に賛同した。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ