ファン心をくすぐる『HERO』のポイントを紹介! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/4/29 12:37

ファン心をくすぐる『HERO』のポイントを紹介!

木村拓哉が主演する人気ドラマ「HERO」の劇場版第2弾が7月18日(土)より公開に。昨年夏、シーズン2のドラマが放映され好評を博したが、スクリーンに戻ってくるのはなんと8年ぶり!公式サイトでは予告編が解禁となっているが、その内容はファンの“期待感”をくすぐる内容となっている。

仕事中もスーツは着用せず、独自の調査でとことん事件に向き合う、型破りな検事・久利生公平(木村)の活躍を描く同シリーズ。本作では、久利生が大使館周辺で起きた事件を巡り、日本の司法が及ばない“治外法権”の壁にぶつかっていく。

予告編でまず気になってしまうのは、シーズン1で久利生の相棒事務官を務めていた雨宮舞子(松たか子)の登場。検事となった彼女が、捜査の都合上、久利生の前に突如現れる。かつて恋仲だったはずの二人のその後も明らかになりそうだ。

さらに、久利生が愛用するダウンジャケットもお目見え。昨年のドラマは夏だったために、ほぼ半袖だったが、今回の季節は冬。久利生のトレードマークとなっているダウンジャケットが久々に披露されると、これぞ“HERO”という気がして自ずとワクワクさせられる。

その久利生が、誰かに背中を押され道路に突き飛ばされたり、車と接触したりと、危険な目に遭遇しているのも気がかり。今回も権力や国など、大きな敵と対峙していることを予感させている。

なお現在、最新の予告編は全国の映画館で上映中のほか、全国先着5万名限定で映画オリジナルクリアファイルつき特別前売券も発売中。このクリアファイルの表面は久利生のワンショット、裏面は「あるよ!」のマスターでお馴染みのバーに久利生や雨宮たち仲間が集っている貴重なシーンカット仕様に。この前売券と予告編で、『HERO』への期待を更に膨らませてほしい!【Movie Walker】

関連作品

  • HERO

    3.8
    7
    木村拓哉扮する型破りな検事の活躍を描く人気ドラマの映画化第2弾