• NEWS

染谷将太&橋本愛、『寄生獣』は胸キュンと癒しの映画

2015年4月25日 14:01

『寄生獣』は胸キュン映画!?

岩明均の伝説的コミックを二部作で実写映画化する『寄生獣 完結編』の初日舞台挨拶が4月25日にTOHOシネマズスカラ座で開催され、染谷将太、深津絵里、橋本愛、新井浩文、ピエール瀧、山崎貴監督が登壇。染谷と橋本、山崎監督も『寄生獣』は胸キュン映画であるとアピールした。

大プロジェクトで主演を任された染谷は、「1年ほど前に約5か月半かけて撮影をして、前編の後、半年が経って公開された。やっとお届けできていうれしい」と完結編の初日を迎えて感無量の面持ち。

山崎監督も「長い付き合いだった。『寄生獣』から卒業できるような気持ち」と晴れやかな笑顔を見せていた。

染谷は、本作で自身のキャリア初となる全国キャンペーンにも参加。「『味噌汁のシーンが好きです』とたくさんの方に言っていただいて。僕も味噌汁のシーンは大好き」と染谷演じる新一と寄生生物のミギーが味噌汁を作るという、ほのぼのとしたシーンが人気だったとか。

山崎監督が「胸がキュンとする青春映画だと言っていこうと思った」とキャンペーンを振り返ると、染谷も「“胸キュン”キャンペーンです」と楽しそうな表情を見せていた。

橋本は「この映画が大好きで、国民全員見に行けばばいいと思っている」と本作への熱い思いを吐露し、「そこまでグロテスクじゃないよ、と身構えずに見に来て欲しい。癒されるシーンもたくさんある。癒されに来てほしい」と癒しの映画であると分析。

共演者の染谷については、「とても誠実な方。まつ毛が長くてセクシー」と話すと、染谷は照れ笑いを浮かべていた。

また最後には、寄生獣を模したシュールなくす玉“寄生獣くん”が登場。賑やかにくす玉を割った後には、作品を背負ってきた染谷に、山崎監督からサプライズで花束が贈られた。

山崎監督は「22歳でこれまでのものを背負ってくれた。本当に染谷が出てくれてうれしかったし、やりきってくれてありがとう」と感謝の一言。

染谷は「有意義で意味のあるプロジェクトになった。人生の中で参加できたことが本当によかったと心から思います」と喜びをかみしめていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2015映画『寄生獣』製作委員会| [c]2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会| [c]2015 soredake film partners. All Rights Reserved.| [c]2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.