• NEWS

BRAHMANの映画で箭内道彦が初監督!

2015年4月10日 12:09

ステージを降りたBRAHMAN(ブラフマン)の姿とは?
ステージを降りたBRAHMAN(ブラフマン)の姿とは?[c]2015 映画「ブラフマン」製作委員会

クリエイティブディレクター箭内道彦が、今年20周年を迎えるハードコア・パンクバンドBRAHMAN(ブラフマン)を追った映画を初監督することがわかった。

BRAHMANの熱く深い思いと圧倒的なパフォーマンスは、日本国内だけにとどまらず、イタリア、台湾、中国など世界中に広がっている。彼らのライブパフォーマンスは知られているが、ステージを降りた彼らの姿はあまり知られていない。

そんな彼らを赤裸々に映し出す箭内は、「NO MUSIC,NO LIFE.」や、広瀬すずの「ゼクシィ」のCMでも話題のクリエイティブディレクター。風とロックを設立し、様々なジャンルのアーティストや音楽イベントにも深く関わっている箭内だからこそ撮れた、普段は見せないBRAHMANの姿が見られるだろう。

箭内は「僕はこれまで、映画を監督するオファーを、すべてお断りしてきました。多分これからもそうです。ただ、僕が知っているBRAHMANの、愛すべきあの4人を、ただスクリーンに映すことであればできると、今回の受諾は、あくまでイレギュラーなものになりました」

「また、何かすごいアクシデントが起きたり、血や涙が流れたり、そういった期待に応えることのできる映画には、絶対にならない気がしています」とコメントを発表した。

解禁されたポスターには、ツアーで訪れた福島県阿武隈川沿いに佇む4人の後ろ姿。20年間走り続けてきた彼らが、たどり着いた場所とは?そんな彼らを箭内はどう見つめたのか?ぜひ劇場で堪能してほしい。映画『ブラフマン』は7月4日(土)より公開される。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース