• GOSSIP

官能映画俳優、地下鉄で女性をストーカー行為

2015年4月5日 08:56

サディズムの男性やシリアルキラーの役を演じているジェイミー・ドーナン
サディズムの男性やシリアルキラーの役を演じているジェイミー・ドーナン写真:SPLASH/アフロ

世界中で物議をかもしながらも大ヒットを飛ばしている『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(15)でクリスチャン・グレイを演じ、一躍時の人となったジェイミー・ドーナンが、地下鉄で女性にストーカー行為を行ったようだ。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』では、実業家で億万長者という女性の憧れの存在でありながら、サディズム的な性趣向を持つ難しい役どころを演じたジェイミーは、人気テレビシリーズ「The Fall」シーズン3で、ポール・スペクターというシリアルキラーの役どころに挑んでいる。

ロサンゼルス・タイムズ紙のインタビューでジェイミーは、「なんとも決まりの悪い告白をすると、ある日僕は、地下鉄の電車で1人の女性をストーカーしたんだ」

「女性を追いかけると、どんな風に感じるかを知りたかったからね。実際、少しわくわくしたよ。でも決していい方法ではないので、誇りには思えないけどね」と語り、役作りのためにストーカー行為を実践したことを激白している。

ジェイミーは、ガーディアン紙のインタビューでも、「『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』でサディズムの男性を、『The Fall』でシリアルキラーを演じたら、ある部分で快感を感じている自分がいて、ちょっと心配になってしまった」と語っており、かなり役にのめり込むタイプのようだ。【NY在住/JUNKO】

関連映画

関連映画ニュース