• GOSSIP

Xファクター審査員、ゼインの離脱原因は婚約者と示唆

2015年3月28日 13:25

婚約者のペリー・エドワーズのせいで1Dを脱退したといわれているゼイン | 写真:SPLASH/アフロ

ワン・ダイレクションのゼイン・マリクの突然の離脱宣言は、ファンのみならず、他の4人のメンバーの動揺ぶりからもわかる通り、綿密に計画されたものではなく、寝耳に水といった形で突然やってきたように思われる。

最初は、「なんで辞めちゃうの?」とただただ泣きはらしていたファンも、これまでのゼインの行動や言動から、「ゼインは浮気の噂に怒った婚約者のペリー・エドワーズとの関係を修正するためにキャリアを捨てた」と考えるようになり、その怒りは、ペリー・エドワーズに向けられている。

そしてミュージック・マネージャーで、オーディション番組「Xファクター」の審査員としても知れらるルイ・ウォルシュも、「離脱の原因がペリーにある」ことを示唆している。

過去にアイルランド出身の5人組グループ、ボーイゾーンやウエストライフを手掛けたルイは、「私のこれまでの経験では、キャリアが成功して恋人ができると、その恋人が耳元で、『あなたはソロになるべきよ』『あなたがリードシンガーになるべきよ』と囁くんです。大体それが原因で、離脱や解散という事態が起きるんです」

「ゼインは、他の4人の素晴らしいメンバーと出会いました。それは良い面ですが、一方で彼らは、この5年間はまるで実体のない夢のような状態のなかで、世界で最も売れっ子のスターになりました。過密なスケジュールをこなしながら、世界中から一挙一動を注目される毎日は、精神的プレッシャーも相当なものだったことでしょう」

「仕事で世界中を駆け回り、毎日がホテル間の移動や飛行機の移動で、恐らくあまり太陽の光を浴びることもなかったのではないでしょうか。それらのプレッシャーに最初に耐えられなくなったのがゼインなんです」と、アイルランドのラジオ番組RTE Radio Oneで語っている。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ