• NEWS

福士蒼汰と有村架純、壁ドンより肩ズンを支持!

2015年3月24日 13:51

福士蒼汰に有村架純が肩ズン

咲坂伊緒の人気コミックを映画化した『ストロボ・エッジ』の大ヒット舞台挨拶が、3月24日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、福士蒼汰と有村架純が登壇。4回目の共演となった福士と有村がお互いに感じた想いと胸キュンシーンの数々について語った。

福士が演じたのは、校内1のイケメン、一ノ瀬蓮役、有村は恋に奥手な女子高生・木下仁菜子役に扮した。会場では蓮の“壁ドン”シーンと、仁菜子が蓮に袖を上げてもらう“袖クル”シーン、仁菜子が蓮の肩を借りて眠る“肩ズン”シーンの映像が披露された。3つの中で、福士のお気に入りのシーンは肩ズンシーンだった。

福士は「壁ドンは現実味がないし、実生活においてやる機会がない。袖クルもないかなと。肩ズンは男として頼られている感があって良いかなと」とコメント。有村も同シーンが好きだと言い「あのシーンでは、蓮くんが心理的には辛いはずなのにやってくれて。蓮くんのやさしさに胸キュンしました」と、はにかみながら語った。

また、有村は4度目の共演となった福士に「意外とこういう一面があったんだと発見しながら楽しく撮影できたし、蓮くんが福士くんで良かったなと」と感謝の思いを告白。

福士も有村に「人としても素晴らしい。今回も役として対峙した時、女優としての熱さ、目の輝きがすごく感じられた。これからもできればいっしょにお芝居をしたいと思える女優さんでした」と称えた。

有村と福士は廣木監督にも心から礼を述べると、監督も「また違う映画でもやりたい」と2人にラブコール。福士が「長い間ありがとうございました」と2人に握手をすると、大きな拍手に包まれた。

最後に福士の提案で、お客さんと共にタイトルコールをすることに。福士たち3人が「ストロボ!」とかけ声をかけると、会場からも「エッジ!」と元気な声が上がる。会場にはすでに12回も映画を鑑賞したという熱烈な観客も詰めかけていて、熱い舞台挨拶となった。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース