• GOSSIP

ジョニデが手を負傷!手術のために緊急帰国

2015年3月11日 12:42

オーストラリアでの撮影中に手を負傷してしまったというジョニデ
オーストラリアでの撮影中に手を負傷してしまったというジョニデ写真:SPLASH/アフロ

3月10日、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第5弾『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales(原題)』(2017年7月7日全米公開)撮影のためオーストラリアに滞在していたジョニー・デップが手を負傷し、ロサンゼルスに緊急帰国していたことがわかった。

ディズニーの広報が豪デイリー・メール紙に認めたもの。同作は、先月からクイーンズランド州のゴールドコーストで撮影が開始されていたが、ジョニーは撮影中ではなく、週末に現場とは別の場所で怪我を負った模様。

撮影がない時は、ミュージカルイベントなどを楽しんでいたそうだが、当時の様子や怪我の詳細などは明らかにされていない。しかし、手術を要するため、プライベートジェットでロサンゼルスに帰国し、2週間ほどアメリカに滞在するという。

広報によれば、撮影現場をあけるのは約2週間だが、撮影に与える影響は最小限で、公開日の変更もないそうだ。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース