• TOP
  • ニュース
  • ももクロ「日本アカデミー賞新人賞をとりたい」宣言
  • NEWS

ももクロ「日本アカデミー賞新人賞をとりたい」宣言

2015年2月28日 20:17

ももクロ主演映画『幕が上がる』が公開!
ももクロ主演映画『幕が上がる』が公開!

ももいろクローバーZ主演の映画『幕が上がる』の初日舞台挨拶が2月28日に新宿バルト9で開催。ももクロの百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏、黒木華、志賀廣太郎、本広克行監督、原作者の平田オリザが登壇。百田は「最高の監督、最高の脚本、原作者の方、最高の女優さん、最高の俳優さん、そして最高のアイドルと、素晴らしい最高チームでできたので、こりゃあもう、最高のものになっていると思っています」と力強く映画をアピールした。

黒木華は昨日、第38回日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞に輝いたばかり。百田は共演を振り返り、「私たちが一緒の作品を作れたこと自体が光栄なので、このままあやかりたいと思います」と笑顔で語った。黒木の演技について高城は「迫力がすごいよね」、佐々木は「これが女優さんなんだなと思いました」、玉井は「とても感動しました」と、それぞれにリスペクト。

黒木は「みんな本当に真面目なんです。みんなが揃ってるとにぎやかなんですが、個々人はすごくいろいろと考えている。夏菜子さんは、みんなを引っ張っていく役だったので、そういう表情を見ていて面白かったです。ご一緒できてうれしかった。私も学ぶことがたくさんあったので」と5人を称えた。百田は「もう、満足です」と大喜び。

高城は「本物を目の前にしてなんですが、良いパスを…。あの、アカデミー賞新人賞を受賞したいです。希望です」と堂々宣言。玉井が「個人として?」と突っ込むと、高城は「いやいや、5人でとりたくて。夢があって。レッドカーペットを歩くんですが、途中で赤が5色になる」と説明すると、佐々木が「回収、どうするの?」と突っ込む。

高城が「そんなことできる雰囲気ですか?」と、黒木に尋ねると、彼女は「結構な緊張感だよ。私だったらできない」とたじろぎ、会場は大爆笑。高城は「まずは賞をとるために、もっともっと頑張りたいと思います。先輩!」と黒木を見る。黒木が「テレビの前で応援してます」と言うと、本広監督も「いけると思います。良かったですよね?」と会場に尋ねると、「良かった!」「マジ、最高!」と観客も大興奮。

その後、ももクロがいきなり『幕が上がる』の挿入歌「走れ!-Z ver.-」をアカペラで歌ったり、本作のメイキング映像を編集したドキュメンタリー『幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦』が3月11日(水)より公開されることが告知されたりして、会場のボルテージは最高潮に。舞台挨拶は、大いに盛り上がりを見せた。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース