• NEWS

TOHOシネマズが体感型4Dシアターを導入!

2015年2月26日 15:58

長澤まさみがイメージビジュアルに登場!
長澤まさみがイメージビジュアルに登場![C]MX4D(TM) is a trademark of MediaMation, Inc.

TOHOシネマズが、映画を“見る”という鑑賞スタイルから“体感する”に変える画期的なシアターシステム“MediaMation MX4D(TM)”を、国内で初めて導入する。

4月10日(金)にオープンするTOHOシネマズ ららぽーと富士見に最初の“MediaMation MX4D(TM)”システムを導入し、6月下旬にTOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ 六本木ヒルズと、2015年度中に合計3シアターへ導入され、今後も展開していくという。

“MediaMation MX4D(TM)”システムとは、エンタテインメントの本場米国ロサンゼルスに本社を構え、4D/5Dモーション・エフェクト・シアターとシートの特許を持ったリーディングサプライヤーでありメーカーのMediaMation社が開発した、3D映画を超える最新の「体感型」4Dシアターシステム。

映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動など五感を刺激する特殊効果が11種あり、これらが連動することによって、通常のシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を実現する。

また、“MediaMation MX4D(TM)”導入を機に、4D映画の醍醐味を日本全国に伝えるためのプロジェクト「TOHO 4D PROJECT」が発足される。4D映画を単なる3D映画の発展形ではなく、劇場でしか体験できない、まったく新しい「映像&LIVEエンタテインメント」と位置付け、4D映画システムの導入だけでなく、4D映画プログラムや4D映画キャンペーンなど、様々な活動を通じて4D映画の魅力を広く伝えていくという。今までにない新しい映画体験ができる4D映画をいち早く体感してみたい。【Movie Walker】

関連映画ニュース