• NEWS

アカデミー賞脚本賞はイニャリトゥ監督作『バードマン』

2015年2月23日 13:44

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が脚本賞を受賞!
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が脚本賞を受賞![c]2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

現地時間2月22日(日本時間23日)に開催された第87回アカデミー賞授賞式。脚本賞は、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(4月10日公開)に輝いた。

イニャリトゥ監督は、共に脚本を手がけたニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr.、アルマンド・ボーと共に晴れやかな笑顔でステージに登場。

「驚異的なキャストの皆さん」と数々のキャスト陣に感謝を述べ、「マエストロ中のマエストロ、マイケル・キートン。この映画に命を吹き込んでくれました」と主演のマイケルに最大の敬意を表した。

挨拶の締めくくりには、「ファミリータイムです!」と共同脚本のスタッフたちをマイクの前に呼び込み、それぞれが感無量の面持ちで挨拶。喜びを爆発させていた。

本作は、『バットマン』シリーズで主人公を演じたマイケル・キートンが、かつてヒーロー映画で人気を博した俳優に扮し、どん底から再起をかけて悪戦苦闘する物語。全編ほぼワンカットの撮影に挑み、緊張感あふれる展開で見る者を圧倒した。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース