• NEWS

八木竜一監督が3DCGのドラえもん制作裏話を語る!

2015年2月23日 10:38

『STAND BY ME ドラえもん』の制作秘話を語る八木竜一監督

現在開催中のゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015。2月21日に「京楽ピクチャーズPresents VFX-JAPANイベント『STAND BY ME ドラえもん』メイキングセミナー」が行われ、八木竜一監督が本作を解説した。

本作は原作「ドラえもん」の数々の名エピソードを構成してつくられているが、「(監督・脚本を務めた)山崎貴は『ALWAYS 三丁目の夕日』でもそうでしたが、原作の短篇の中からエピソードを抜いて、1本につなげるのが天才的にうまいんです」という。

キャラクターのデザインについては、「フル3DCGで、ドラえもんの形作りには結構な時間がかかりました。足の短さ、手の短さをCGにするのは難しいぞと。伸ばすのをある程度想定しながら作り込んでいったんですが、単純に伸ばすと今度は違う所がへこんでしまったり…一つ一つのパーツを確認しながら制作していきました」

「口の中にスピーカーが入っていたり、そういったリアルなディテールの設定も考えてみたりしたんですが、それはNGが出てしまい(笑)。結局ネジのない状態で最終形ができあがりました」とスライドを見せながら秘話を語った。

会場には多くのファンが詰め掛け、貴重な制作秘話を熱心に聞き入った。また、期待の続編について質問されると、「本当に多くの人が関わっているので、こればかりは僕たちの『作りたい!』という意思だけではどうにもならないですね。でもやりたいという気持ちはあります」と語った。【Movie Walker】

関連映画ニュース

[c]XFLAG| [c]SHIROGUMI INC, GAMBA| [c]藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2015| (C)Fujiko-Pro,Shogakukan,TV-Asahi,Shin-ei,and ADK 1980-2015 (C)Fujiko-Pro,Shogakukan,TV-Asahi,Shin-ei,and ADK 2015