• TOP
  • ニュース
  • 豊川悦司、JUJUの生歌に「惚れてまうやろ」
  • NEWS

豊川悦司、JUJUの生歌に「惚れてまうやろ」

2015年2月14日 15:50

『娚の一生』の初日舞台挨拶でJUJUが生歌を披露!
『娚の一生』の初日舞台挨拶でJUJUが生歌を披露!

西炯子の同名コミックを映画化した『娚の一生』の初日舞台挨拶が2月14日に新宿ピカデリーで開催され、榮倉奈々、豊川悦司、向井理、主題歌を担当したJUJU、廣木隆一監督が登壇した。

ステージでは、JUJUが主題歌「Hold me,Hold you」のアコースティックバージョンを生披露。豊川が「惚れてまうやろ」とその歌声を絶賛し、会場の笑いを誘った。

本作は、恋に臆病になっていた女性・つぐみと、彼女の元に転がり込んできた歳の離れた大学教授・海江田との同居生活を描く大人のラブストーリー。

JUJUは映画について、「すべてがうらやましかった」とコメント。「あんなに強引な男性に出会ったこともない。あんなふうにすべてを諦めた状態でも、いやおうもなく恋に落ちてしまうなんて。一人でスタンディングオベーションをしていました」と豊川の演じたダンディな年上男性にすっかり魅了された様子。横にはその豊川がいたが、JUJUは「見れないですね」と恥じらうなど、乙女の顔をのぞかせていた。

JUJUが伸びやかな歌声を聴かせると、会場からも大きな拍手。榮倉は「JUJUさんのライブに何度かお邪魔してますが、こんなに近くで見たのは初めて。きれいな声で本当に素敵」とうっとり。豊川が「素晴らしくて、惚れてまうやろ」、向井が「オンリーワンの曲。感動しました」と感想を述べると、JUJUは汗をかきながら顔を仰ぐなど大照れ。「本当に緊張しました。手が冷たいです」と告白していた。

豊川が榮倉の足に優しくキスする“足キス”のシーンも話題の本作。公開初日がバレンタインデーと重なり、ステージには足型のチョコがお目見えした。榮倉は「シュールですね」と苦笑い。最後には「優しい風や柔らかいにおいを感じられるような、優しい大人の恋愛映画です」と胸を張り、舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース