• NEWS

タキシード姿の松坂桃李、西田敏行のエールに感激

2015年1月31日 14:05

松坂桃李、大先輩・西田敏行からのエールに感激!

さそうあきらの同名コミックを松坂桃李主演で映画化した『マエストロ!』の初日舞台挨拶が1月31日に丸の内ピカデリーで開催され、松坂をはじめ、miwa、西田敏行、古舘寛治、大石吾朗、河井青葉、池田鉄洋、モロ師岡、村杉蝉之介、小林且弥、中村倫也、嶋田久作、小林聖太郎監督が登壇。指揮者として楽団をまとめ上げた西田が、「映画作りは交響曲を奏でるのと似ている。そう考えるとこの作品のコンサートマスターは、松坂桃李くん。本当に素晴らしい努力と情熱だった」と松坂を讃えた。

本作は、謎の指揮者と負け組楽団員が巻き起こす笑いと涙の本格的エンタテインメント。この日は、過酷な楽器練習に励んだ楽団員メンバーがコンサートシーンの正装で登場した。若くしてコンサートマスターに抜擢されたヴァイオリニスト役を演じた松坂は「巣立つひな鳥を見守る親鳥の心境。うれしいようなさみしいような」と初日を迎えて感慨深い表情。

そんな松坂を讃えたのが、先輩俳優の西田だ。西田は「製作に携わって、今日まで1年8か月を要した。松坂くんは片時もヴァイオリンを離さず、絶えず練習していた。胸が締め付けられるようだった」と声をかけ、「これからいっぱいキャリアを積んで、日本映画界を牽引するビッグな俳優として成長していってほしい。みなさんも応援してあげてください」コメント。会場からも大きな拍手が上がるなか、松坂は「すごくうれしい。本当にありがとうございます。がんばります」と西田からの温かなエールをかみしめていた。

また、原作者のさそうも駆けつけたこの日。さそうは「ひとりのペン先から出たものが大きな木になり、たくさん果物をつけた。プロフェッショナルな方々にこのように仕上げていただき本当に感激」と映画の完成に感謝しきり。松坂をイメージしたイラストもプレゼントされ、松坂は「音楽は人間の作り出した最高の栄養剤。元気の源であり、エネルギーを与えてくれます。そんな栄養がたくさん詰まった純度100%の映画だと思っています」と胸を張り、大盛況の舞台あいさつを締めくくった。【取材・文/成田おり枝】

関連映画ニュース

(C)テレビ朝日| [c]2015 フジテレビジョン