『アナ雪』効果はどう影響?2014年の映画概況を分析 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/2/1 6:43

『アナ雪』効果はどう影響?2014年の映画概況を分析

2015年が明けて早や1か月。興収ランキングは年末から『ベイマックス』が首位の座をキープしているが、いまだ記憶から薄れないのが、同じディズニー・アニメ『アナと雪の女王』(254.8億円※歴代3位)の快進撃だ。ここ数年、“邦高洋低”と言われ続けてきた邦画・洋画のシェア率だが、同作の歴史的ヒットは、2014年どのような変化をもたらしたのか?1月28日に日本映画製作者連盟(映連)が発表した2014年度の全国映画概況を基に、振り返ってみたい。

2014年に公開された作品は、邦画が615本(前年度591本)、洋画が569本(前年度526本)と、ともに前年の本数を上回り、興行収入においても、邦画が約1207億円(前年度・約1176億円)、洋画が約863億円(前年度・約765億円)と同様の結果。トータルでも前年比106.6%増で、『アバター』がヒットした2010年以来4年ぶりにトータル興収が2000億円を突破するなど、『アナと雪の女王』のヒット効果により、全体的には上向きだったと言えるだろう。

とはいえ、こうした公開本数や興収などの結果を見ても分かる通り、邦画と洋画のシェア率は「58.3%」対「41.7%」と邦画優勢は変わらず。シェアの伸び率こそ洋画が上回っているとはいえ、興収10億円以上のタイトル数で見ても、洋画18本に対して、邦画は31本と圧倒的だ。

“アナ雪フィーバー”に注目が集中したものの、邦画勢では1位が『永遠の0』(87.6億円)、2位が『STAND BY ME ドラえもん』(83.8億円)、3位・5位が『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(52.2億円/43.5億円)、4位が『テルマエ・ロマエII』(44.2億円)と、4本の実写作品がランクイン。“宮崎駿イヤー”だった『風立ちぬ』を筆頭に、アニメの好調が目立った2013年に対し、2014年は実写作品が盛り返したと言えそうだ。

ちなみに、この“邦高洋低”の現象は2008年より7年連続で起こっているが、2015年はこの均衡が破られるかもしれない。というのも、洋画の当たり年と言えるほど超ド級のシリーズ最新作が勢揃いしている。ざっとリストアップしただけでも、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』(7月4日公開)、『ターミネーター:新起動 ジェニシス』(7月公開)、『ジュラシック・ワールド』(8月7日公開)、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(夏公開)、『007 SPECTRE(原題)』(11月公開)、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(12月18日)、『ミッション:インポッシブル5(原題)』(2015年公開予定)などなど。果たして8年ぶりに洋画が邦画を上回るのか?その動向に期待したい!【トライワークス】

■『永遠の0』 DVD&Blu-ray
発売中
発売元:アミューズソフトエンタテインメント

■『アナと雪の女王 MovieNEX』
発売中
価格:4000円+税
発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

■『マレフィセント MovieNEX』
発売中
価格:4000円+税
発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

■『STAND BY ME ドラえもん』 DVD&Blu-ray
2月18日(水)発売
発売元:小学館

関連作品

  • STAND BY ME ドラえもん

    3.2
    34
    『フレンズ もののけ島のナキ』の八木竜一&山崎貴が手掛ける、ドラえもん初の3DCG映画
  • マレフィセント

    3.5
    56
    A・ジョリー主演、長編アニメ「眠れる森の美女」に登場する悪役の物語を実写化
  • アナと雪の女王

    3.8
    645
    アンデルセン童話「雪の女王」をモチーフにしたディズニー・アニメーション
  • 永遠の0

    4.1
    19
    岡田准一主演、三浦春馬×井上真央共演、百田尚樹の同名小説を山崎貴監督で映画化