• EVENT

松坂桃李の演奏を美人ヴァイオリニスト宮本笑里が絶賛

2015年1月25日 16:35

美人ヴァイオリニスト宮本笑里が名器「ストラディヴァリウス」 で演奏

松坂桃李主演の音楽映画『マエストロ!』(1月31日公開)。1月25日にヴァイオリニスト宮本笑里による本作の公開記念トークイベントが松屋銀座本店で開催された。

宮本は、世界最高級の約10億円のヴァイオリン「ストラディヴァリウス」 を手にし「格が違う。輝きが違う。本体からオーラを感じます」と感激。彼女は会場で3曲を披露した。

宮本は、エルガー作曲「愛のあいさつ」、バッハ作曲「主よ、人の望みの喜びよ」、モンティ作曲「チャールダーシュ」を奏で、ギャラリーは美しい音色に酔いしれた。宮本は「ストラディヴァリウス」について「全部が完璧。力強い男性のような音色」と絶賛。共に登壇した日本ヴァイオリン代表取締役社長・中澤創太は、宮本の演奏に「素敵としか言いようがない」と賛辞を贈った。

『マエストロ!』の感想について宮本は「今の音楽業界、クラシック業界そのままを表した映画」と感心。中沢も「クラシック業界の大変さがリアルに描かれていた。生活も大変だし、ギャラも気にしないといけない」と苦笑い。

また、中沢は松坂桃李のヴァイオリン演奏についても「技術指導をした知り合いから、松坂さんが信じられないくらいの練習量をこなしたと聞いてました。上手いんです。相当練習したんだなと」とうなる。宮本も「びっくりしました。ヴァイオリンは小さい頃から積み重ねる楽器。1年間でこんなにも楽器と一体になって演奏できるのはものすごいこと」と絶賛した。

『マエストロ!』は、謎の指揮者と負け組楽団員が巻き起こす笑いと涙の感動作。松坂桃李はヴァイオリニスト役としてヴァイオリン演奏にトライ。謎の指揮者役の西田は、世界的指揮者・佐渡裕の指導を受け、タクトを振った。本作が映画デビューとなったmiwaは、ヒロインの天才フルート奏者役を演じた。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2015『マエストロ!』製作委員会 [c]さそうあきら/双葉社| [c]諫山 創/講談社 [c]映画「進撃の巨人」製作委員会| 映画『マエストロ!』公開記念「オーケストラのすべてが分かる!?~再結成前夜~」 写真提供:ムービープラス