• TOP
  • ニュース
  • 染谷将太、前田敦子との自転車二人乗りに緊張!
  • NEWS

染谷将太、前田敦子との自転車二人乗りに緊張!

2015年1月24日 13:26

染谷将太、前田敦子との自転車二人乗りの感想は?
染谷将太、前田敦子との自転車二人乗りの感想は?

映画『さよなら歌舞伎町』の初日舞台挨拶が1月24日にテアトル新宿で開催され、染谷将太、前田敦子、南果歩、松重豊、イ・ウンウ、樋井明日香、我妻三輪子、河井青葉、宮崎吐夢、廣木隆一監督、主題歌を担当したmeg with SWEEPが登壇。染谷が「全国のファンの人に殺される」と前田との自転車二人乗りシーンを振り返った。

本作は、歌舞伎町のラブホテルを舞台に、不器用ながらも懸命に生きていく男と女をリアルに温かく描いた群像劇。染谷と前田は、倦怠期のカップルを演じている。

「自転車のシーンがすごく好き」という前田は、「新大久保の駅前を、自転車で二人乗りして走るシーンは、すごく清々しくてやっていて楽しかった」と述懐。前田を自転車の後ろに乗せて撮影に挑んだ染谷は、「これで転んだら、全国のファンの人に殺されるんじゃないかと。緊張しながらこいでました」と秘話を明かし、会場の笑いを誘っていた。

また、本作が夢に向かってもがく人々を描くことにちなんで、「やりたいこと、叶えたいこと」を聞かれた染谷と前田。染谷は「夢とか持たない人なんですよね。何かをやり遂げたいとかあまり思ったことのない人生で」という発言で会場を笑わせ、「人生、死ぬまで健康でいることですかね。これはたぶんすごいこと」とコメント。一方の前田は「健康診断とか受けたことがない。今年の前半に人間ドックに行きたい」と告白。さらに「やりたいことはたくさんある。一つ一つ叶えていければいいかな」と思いを明かしていた。

激しい性描写も話題の本作。デリヘル嬢役を体当たりで演じた韓国人女優のイ・ウンウは、「不慣れで大変でしたが、監督やスタッフの方が親切で楽しく撮影ができました」と輝くような笑顔で会場を魅了。韓国、香港、台湾、イタリアの4か国での上映決定のニュースも発表されたが、廣木監督は「新宿のラブホテルの話が世界に広がっていくというのはどうなんだろう。うれしい限り」と照れ笑いで喜びを語っていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース