• NEWS

新垣結衣「そんなことばかり考えて!」と男子にお説教

2015年1月14日 19:48

新垣結衣、絆を育んだ生徒たちと再会!

新垣結衣が初の教師役に挑んだ映画『くちびるに歌を』(2月28日公開)の完成披露試写会が1月14日にイイノホールで開催され、新垣と三木孝浩監督が登壇。合唱部員役の生徒キャスト12名も駆けつけ、見事なハーモニーを響かせた。

全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙 拝啓 十五の君へ」の作者アンジェラ・アキのテレビドキュメンタリーをもとにした同名青春小説を映画化した本作。この日登壇した生徒役キャストは、恒松祐里、下田翔大、葵わかな、柴田杏花、山口まゆ、佐野勇斗、室井響、朝倉ふゆな、植田日向、高橋奈々、狩野見恭兵、三浦翔哉の総勢12名。全員、オーディションで本作に抜擢された合唱部員の生徒たち。ステージ前まで緊張でソワソワしていたという一同だが、幕が上がると堂々と「手紙 拝啓 十五の君へ」を歌い上げ、会場からも温かな拍手が沸き起こった。

「私もそこに行きたい、歌いたい」と思って生徒たちを見守っていたという新垣。今回、初の教師役でピアノの特訓にも励んだが「まったくピアノは未経験。撮影中も、どんどんみんなの歌声が良くなっていくので、刺激を受けて『私も一緒に』という気持ちでやりました」と、生徒たちのひたむきな姿が刺激になった様子だ。

長崎県・五島列島の撮影で絆を育んだ新垣と生徒たち。生徒たちから「現場では伝えられなかった思い」を新垣に伝えることになり、佐野が「好いちょっけんね」と五島の言葉でストレートな告白をすると、新垣は「ありがとう」と余裕の笑み。室井が「男子部員の中で誰がタイプですか?」とこちらも率直な質問をぶつけると、新垣は「そんなことばかり考えて撮影していたの」と鋭いツッコミ。「誰とは選べませんよ。みんな変化していきますからね。まだまだこれからです」とまさに教師と生徒そのもののようなやり取りを見せ、会場の笑いを誘っていた。

生徒役のキャスト陣は、この日を皮切りに、全国17都市をまわる合唱キャラバンを行う。新垣は「私はみなさんの声にすごく励まされて、心を揺さぶられた。それを多くの方に届けてきてください。がんばれ!」と熱いエールを送り、生徒たちも「がんばります!」と嬉しそうな笑顔を見せていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2015「くちびるに歌を」製作委員会 [c]2011 中田永一/小学館| 撮影=西村康| [c]諫山 創/講談社 [c]映画「進撃の巨人」製作委員会| [c]2014「トワイライト ささらさや」製作委員会| [c] 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 [c]2011 中田永一/小学館