• TOP
  • ニュース
  • TOHOシネマズ アミュプラザおおいたがオープン!
  • NEWS

TOHOシネマズ アミュプラザおおいたがオープン!

2015年1月14日 15:57

TOHOシネマズ アミュプラザおおいたに九州初の音響、スクリーン、シートを導入!
TOHOシネマズ アミュプラザおおいたに九州初の音響、スクリーン、シートを導入![c] 2014 TOHO Cinemas Ltd. All Rights Reserved.

4月16日(木)より、大分駅ビル「JRおおいたシティ(アミュプラザおおいた)」内に、10スクリーン約1800席のシネマコンプレックス、TOHOシネマズ アミュプラザおおいたがオープンする。

巨大スクリーン“TCX”と、革新的なシネマ音響“ドルビーアトモス”の導入は決定していたが、さらに2014年3月にオープンしたTOHOシネマズ 日本橋で好評を得た“プレミアボックスシート”とTOHOシネマズ最高スペックのスピーカーシステムである“ヴィヴ・オーディオ”の九州初導入が決まり、九州最良といえる映画体験が可能となった。

TOHOシネマズ独自規格によるラージスクリーン“TCX”で、通常スクリーンのワンランク上を行く臨場感あふれる映像に没入させる。さらに音響の“ドルビーアトモス”は、天井を含めて増設されたスピーカーで映画館内のどの位置にでも音を精密に定位、または移動させて、よりリアルな3次元的表現を可能にした。

米国クリスティ社製の映画館向けスピーカーシステムである“ヴィヴ・オーディオ”は、客席の前方から後方まで、より均一に音を届け、劇場内の音のスイートスポットを広げ、同時に伸びやかで繊細な高音域を再現する。このスピーカーシステムの導入により、すべてのスクリーン、すべての座席で「音のプレミア感」を感じることができるようになった。

そんな最新システムに加え、ゆったりと映画鑑賞ができる“プレミアボックスシート”が導入されるという。長時間の鑑賞でも疲れやストレスを感じさせないレザーシートが1席ずつ区切られ、映画に没入できるプライベートな空間を創り出した。

ほかにも、4月10日(金)に埼玉県で初となるTOHOシネマズ ららぽーと富士見、4月17日(金)にTOHOシネマズ 新宿が続々オープン。ぜひ最高の鑑賞環境で映画を味わってみてほしい。【Movie Walker】

関連映画ニュース