• NEWS

結婚を生報告の染谷将太、前田敦子と共にセックスシーンへの意欲語る

2015年1月08日 22:47

染谷将太、前田敦子が外国人記者からの鋭い質問に回答!

映画『さよなら歌舞伎町』(1月24日公開)の日本外国特派員協会記者会見が1月8日に東京・有楽町の同協会にて行われ、染谷将太、前田敦子、廣木隆一監督が出席。1日に女優の菊地凛子と結婚したことを発表した染谷が、報道陣を前に「これからは些細な幸せを大切にしたい」と笑顔で生報告した。

本作は、歌舞伎町のラブホテルを舞台に、不器用ながらも懸命に生きていく男と女をリアルに温かく描いた群像劇。この日会場には大勢の報道陣が集まり、廣木監督も「マスコミがこんなに集まるとは。染谷がね」とニヤリ顔。続けて「おめでとうございます!」と声をかけると会場からも拍手が上がった。染谷は「まだ子どもはいないんですが」と照れ笑いをのぞかせ、「今後は家長として頑張っていきたい」と心構えを明かしていた。

激しい性描写も話題の本作。会見では外国人記者からの鋭い質問が飛びかったが、「ふたりの激しいセックスシーンがあるのかと楽しみにしてしまった」と、染谷と前田に率直な意見をぶつける記者も。「今後、そういうシーンがあったらやりますか?」と聞かれると、染谷は「過去にそういうラブシーンをやったこともありますが」と笑いながら、「台本を読んで感動して、これはやりたいと思ったらやるかもしれませんね」とコメント。

一方、前田は「私も同じですね」と話し、「作品の中で自分をそういうふうに求めていただけるなら。作品のためならば全然、抵抗はないですね」とまっすぐな眼差しで、熱い女優魂をのぞかせていた。

その前田について廣木監督は「強さと弱さの両極を持っている人」と分析。「僕は、その中間のない感じがすごく好き」と前田の存在感を絶賛。染谷についても「すごい気になる役者さんだった。雰囲気を消すところがあって、そこがすごく不思議な役者さん。ぜひ一度仕事をしてみたかった」と胸の内を明かし、「豪華なキャスティングが集まってくれた」と大満足の表情を見せていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会| ©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 R15+| 撮影/林香寿美| [c]2014映画「柘榴坂の仇討」製作委員会