• NEWS

花澤香菜、関智一が演じる「PSYCHO-PASS」狡噛の復活に胸キュン!

2015年1月09日 11:35

『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』公開に先がけて花澤香菜と関智一にインタビュー!

「踊る大捜査線」シリーズの本広克行が総監督を、「魔法少女まどか☆マギカ」シリーズで知られる虚淵玄(ニトロプラス)がストーリー原案と脚本を手掛けたアニメ作品「PSYCHO-PASS サイコパス」。昨年末に幕を閉じたTVシリーズの第2期に続き、劇場作品『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』が1月9日(金)に封切りとなる。公開に先がけて、常守朱の声を演じる花澤香菜と狡噛慎也の声を演じる関智一にインタビューを敢行。2人に劇場版の見どころを聞いた。

「PSYCHO-PASS サイコパス」は、凶悪犯罪に立ち向かう公安局刑事課一係の活躍を描く近未来SF。重厚かつセンセーショナルなストーリーが話題を呼び、アニメファン以外からも注目を集めている。当然、初の劇場版となる本作にも期待が高まるが、花澤は「サイコパスならではの演出は劇場版にもたくさんありますが、今回は特に戦闘シーンがスリリングで迫力がすごいんです」とTVシリーズを超えるクオリティに驚いたという。

一方、「劇場版ならではの時間の使い方に感心した」という関は「TVシリーズではカットされてしまうようなディティールが今回はしっかり描かれていて、設定やキャラクターをちゃんと説明しながらも、娯楽性がある」と劇場版ならではの魅力を強調した。

今回の劇場版で物語の軸になるのは、花澤と関が演じる2人のキャラクター。刑事課一係の監視官・常守と、TVシリーズ第1期以来の復活となる狡噛だ。自身が演じたキャラクターについて花澤は「(常守)朱ちゃんは正義感や優しさが人間的に素晴らしいんです。こういう人になりたいなと思ってしまうような女の子」と分析している。関は「狡噛の特徴は生命力の強さですね。彼の人生にはいろいろな困難がおきるのですが、腐ることなく自分のやれることを最大限やって生きていく。しかも汚れ仕事まで引き受ける…。男として狡噛の生き方には憧れます」とお気に入りのキャラクターであることを明かした。

そんな常守と狡噛の久々の共演に「観ていて、ドキドキしましたね」と花澤。注目すべきキャラクターを聞くと、狡噛だと即答した。「狡噛さんが登場してからは何度キュンとしたことか。見ていて『かっこいい…』と声が漏れましたね(笑)」と心奪われたことを告白。関は「今回は朱ちゃんの成長した姿が目白押しです」と語るとおり、常守に注目して欲しいという。「監視官として現場をバシっと仕切って、上層部とも対等に渡り合う。朱ちゃんの成長ぶりには、狡噛自身もかなりビックリしていたはずですよ。顔色は変わっていませんでしたが(笑)」とコメントした。

2015年も「PSYCHO-PASS」ブームはまだまだ続きそう。関は「きっと1年ぐらい空けて、2016年ぐらいに再開するんじゃないですか。今年の7月ぐらいにイベントをやって、そこで製作発表を…。ちょっとリアル過ぎましたかね(笑)」と続編のビジョンを語る。同じく続編に意欲をのぞかせた花澤は「確かに、劇場版で終わりな感じがしないのは何なんでしょうね。来年以降もきっと続く気がします。もう、ずっと終わらなくてもいいんじゃないですか(笑)」と、今後の展開に期待が高まる言葉でインタビューを締めくくった。【取材・文/トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]サイコパス製作委員会| (C)サイコパス製作委員会| [c]君がいなくちゃだめなんだプロジェクト| (C)サイコパス製作委員会