• GOSSIP

アン・ハサウェイ、エボラ出血熱を恐れて握手しないという説を否定!

2014年10月29日 12:44

エボラ出血熱を恐れて握手を拒否している言われてしまったアン | 写真:SPLASH/アフロ

アルゼンチンのジャーナリストが、アン・ハサウェイはエボラ出血熱に感染するのを恐れて自分と握手しなかったと主張している。しかし、そのような事実はないとアン側は全面的に否定している。

ジャーナリストのアレクシス・プーチは、エンタテインメント大作『インターステラー』(11月22日公開)のキャストを取材するためにブエノスアイレスからロサンゼルスに渡航したが、アンが決して彼の手に触ろうとしないので大きなショックを受けたという。「アン・ハサウェイが、エボラウィルスを恐れて僕と握手しなかった。どうせ僕は発展途上国のジャーナリストさ。クリストファー・ノーランとマシュー・マコノヒー、ジェシカ・チャステインのインタビューは素晴らしいものになった(そしてみんな僕と握手した)。ざまあ見ろ、アン!」とアレクシスはツイッターに書いている。

しかし、アンの広報は英紙デイリー・メールの取材に対し、彼の主張はまったくの虚偽であると答えている。「ナンセンスです!彼女は今、誰とも握手しません。それは彼女が風邪をひいているからで、誰にもうつしたくないと思っているからです」とアンの広報はコメントしている。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| [C] 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.| [c]2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.| [c]Kaori Suzuki| SPLASH/アフロ