• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 嵐、宮沢りえ、中谷美紀らの登場で会場がヒートアップ!写真で振り返る東京国際映画祭のレッドカーペット
  • NEWS

嵐、宮沢りえ、中谷美紀らの登場で会場がヒートアップ!写真で振り返る東京国際映画祭のレッドカーペット

2014年10月24日 7:00

フェスティバル・ミューズを務める中谷美紀

ついに開幕した第27回東京国際映画祭。開幕初日となる10月23日、六本木ヒルズアリーナでは映画祭のオープニングイベントが開催され、国内外のゲストがレッドカーペットに登場。小雨がぱらつく悪条件にもかかわらず、会場には観客とマスコミが多数かけつけ、大きな盛り上がりを見せた。そこで今回は、会場を沸かせたゲストたちに注目して、レッドカーペットの模様を振り返ってみたい。

まずはなんといっても“東京国際映画祭スペシャルアンバサダー”を務める嵐の登場。映画祭でワールドプレミア上映される『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の主演、相葉雅紀だけでなく5人そろっての登場とあって、観客からは大きな歓声があがった。舞台上では、櫻井翔が英語で挨拶をする場面もあり、ファンにはうれしいサプライズとなった。

サインを求める観客が多かったのは、日本の女優たち。フェスティバル・ミューズを務める中谷美紀や、コンペティション部門に出品されている『紙の月』の主演、宮沢りえらが華麗なドレス姿で登場すると、会場からは大歓声が。特別招待作品『花宵道中』で主演を務める安達祐実は、劇中同様の花魁衣装でカーペットを闊歩。日本文化に興味を示す海外メディアから多数取材を受けていた。

また、海外メディアからの関心が高かったのがジョン・ラセターと庵野秀明。両クリエイターにはカーペット付近にいたマスコミから質問が殺到。ラセターが製作総指揮のオープニング作品『ベイマックス』、庵野のキャリアを総括する大規模特集「庵野秀明の世界」と本映画祭の目玉企画でもある上映への注目度の高さを証明した。

アジア最大級の映画祭にふさわしいオープンニングを飾った第27回東京国際映画祭。レッドカーペットに登場したゲストたちが、開催期間中に各作品の舞台挨拶に登壇予定となっている。10月31日(金)の閉会まで、まだまだ盛り上がりは続きそうだ。【取材・文/トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 [c]2013 中村航/小学館| [c]2014 東映ビデオ| [c]I.G Films| Photo by 手島弘