• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 劇団EXILE町田啓太×佐々木心音の『スキマスキ』から最速シーンカットを独占入手!
  • NEWS

劇団EXILE町田啓太×佐々木心音の『スキマスキ』から最速シーンカットを独占入手!

2014年10月24日 20:00

宇仁田ゆみ原作の「スキマスキ」を町田啓太×佐々木心音で映画化 | [C] 2015 宇仁田ゆみ・小学館/「スキマスキ」製作委員会

人気コミック「うさぎドロップ」の宇仁田ゆみ原作の「スキマスキ」が、劇団EXILEの町田啓太と佐々木心音の出演で映画化され、2015年2月7日(土)より全国公開されることが分かった。

『スキマスキ』は、隣家のカーテンの隙間から見える女性に恋をした恋愛下手な男が、妄想しながらも恋やエロス、人生に葛藤する姿を描く青春ラブコメディ。

“隙間”に猛烈な愛着を感じてしまう偏った癖を持つ大学生・ヘイサク(町田)が、隣家のカーテンの隙間から見える情景に夢中になっているところから物語が始まる。そこのわずかな隙間からは、かわいいと推測される女の子の隙だらけの私生活が見えていた。そんなある日、ひょんなことからヘイサクはその女性・文緒(佐々木)と友達関係に。罪悪感を抱いていたヘイサクだが、そのヘイサクもまた、窓の隙間から文緒に観察されていた。隙間から見ていた男女が現実で直面することに。

主演に抜擢されたのはドラマ「連続テレビ小説『花子とアン』」(NHK)で花岡郁弥を演じた、劇団EXILEの町田。一方、覗かれながらも覗かせるという腹に一物抱えたヒロイン・文緒は、ブルーリボン賞を受賞した本格派女優・佐々木に決定した。大胆に美貌を披露しながらも瑞々しく爽やかなヒロインを演じている。

町田は「初主演で初ラブコメディ作品ということで、撮影に入るのがとても楽しみでした。また、監督の吉田浩太さんがどんな世界観で演出されるのかもすごく楽しみでした」と撮影前の心境を告白。そして、「出てくる登場人物がそれぞれすごく魅力的なので、その人物たちがどのように触れ合い、成長していくのか。ヘイサクと文緒はどうなるのかも楽しんでいただけると思います。『自分らしくあればいいんだ』というメッセージが詰まった作品ですので、たくさんの方に見ていただければ嬉しいです」とPRした。

一方、佐々木はもともと原作を読んでいたことを明かし、「世界観が全く変わらない台本で嬉しかった。普通の青春ストーリーに『覗き』を足しただけで、こんなにもおかしくなるなんて…。私の知らない世界が広がった気がしました」と感想を語っている。また、「共演者みんなの空気感も居心地が良くて、大学生活を経験していない私はここで体感したような気がしています。そんな空気が、皆さんに伝わったら嬉しいです。あらゆるスキマを、どうぞご堪能くださいませ」ともコメント。

ほか、中村映里子、八木将康、久住翠希、松野井雅、川籠石駿平らが出演する。

関連映画ニュース

[C] 2015 宇仁田ゆみ・小学館/「スキマスキ」製作委員会| [C] 宇仁田ゆみ/小学館|  (C) 2015 宇仁田ゆみ・小学館/「スキマスキ」製作委員会| [c]2015『劇場霊』製作委員会| (C)NHK| [c]2013「フィギュアなあなた」製作委員会| [c]2013『フィギュアなあなた』製作委員会| (C)「ムッシュ!」製作委員会