美しいプリンセス・ドレスの数々!胸の谷間も大胆に見せたレア・セドゥの大人の色気が炸裂 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2014/10/17 12:00

美しいプリンセス・ドレスの数々!胸の谷間も大胆に見せたレア・セドゥの大人の色気が炸裂

第66回カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルム・ドールに輝いた『アデル、ブルーは熱い色』(13)の主演女優レア・セドゥ。『007』シリーズの新作にも出演が噂されるなど、スターダムを駆け上がる彼女の最新作が、不朽のラブストーリーを実写化した『美女と野獣』(11月1日)だ。ここでレアは野獣に囚われる娘のベルに扮し、妖艶で美しいドレス姿を披露する。

野獣の城に咲くバラを盗んだ父の代わりに、囚われの身となったベル。ある夜、かつて栄えていた当時の城とあるプリンセスの夢を見た彼女は、持ち前の好奇心から、城や野獣の秘密を探り始める。やがて過去を紐解くにつれて、ベルは驚くべき真相に直面する!

明るくて思いやりが深く、行動的な少女ベルを好演しているのがレア・セドゥだ。野獣に怯まず、きっちり自分の意見を主張するなど、現代女性にも通じる自立したヒロインを体現。劇中では、赤や緑の色とりどりの美しいドレスを完璧に着こなし、エレガントな雰囲気をまとっている。また、肩幅がざっくり開いたドレスからは、ふくよかな胸の谷間もチラリ。これが目のやり場に困ってしまいそうなほど、色っぽくてセクシーなのだ。現在29歳のレア、野獣をも虜にしてしまいそうな、大人の色香を炸裂させている。

衣装作りの際、レア自ら「タイトなウエストのガウンやプリンセス・ドレスにも挑戦したい」と意見を出し、美しい衣装の実現に協力したという。レアがこだわり抜いた美しいドレスの数々を、スクリーンでしっかり堪能しておきたい!【トライワークス】

関連作品

  • 美女と野獣(2014)

    2.7
    10
    レア・セドゥ&ヴァンサン・カッセル主演、「美女と野獣」を実写映画化